タイトルへ

次へ>

最後へ≫


ひろうち92tトップ > リトルビッグプラネット > 初めてのリトルビッグプラネット



リトルビッグプラネットも今回から記録日記を書いていきましょう!
まずはインストールが必要なようなので、インストール…
そして、さらにアップデートも必要だったのでそれも合わせてやりました。
…でも、ここで一言…

…インストールとアップデートに時間がかかりすぎ!!(`□´)



合わせて1時間半以上かかりました。
PCゲームをプレイできるまでにかかる時間よりも時間がかかってます。
みんなのゴルフシリーズでもそうでしたけど、どうしてこうSCEの出すソフトって
アップデートやパッチ当てが多いんでしょう…?
リリース時の完成度が低いんじゃないんですか…!?
セガやスクエニ、カプコンのゲームにそんなのありませんでしたよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



長いインストールが終わり、ようやくゲームが起動しました。
何だかインテルやマイクロソフトのCMっぽいムービーですね…(^^ゞ
空想とイマジネーションの世界を描いているようです。



オープニングムービーが終わるとタイトルロゴが出てきました。
ここでゲームスタートします。
特にメニューは何もなく、○ボタンを押すとゲームがすぐにスタートしました!



いきなりスタートしたので、「…え?もう始まってるの…?」と思いました(^_^;)
スタートするとナレーションの解説が始まります。

「リトルビッグプラネットへようこそ!ここは空想とイマジネーションの世界。
 そして、リビッツがあなたの分身…ほら、そこの真ん中にいるちっちゃいの…」


…と言う感じで声での説明がありました。
今までにないスタートの仕方だったので、少し驚きましたがとりあえずその解説に
従って進めることにしましょう!
世界観は立体絵本のような世界観になってますね^^



まず道にしたがって進んで行くと、更衣室っぽい部屋へとたどり着きました。
そして、ここで姿かたちのカスタマイズ方法についての解説が入ります。
せっかくだったので最初の状態で既に持っている範囲の着替えを使って
リビッツの姿をカスタマイズしてみました。
リビッツに性別はないらしく、コスチューム次第で男の子仕様にも女の子仕様にも
できるようです。
みんゴル5でもオリジナル以外に5種類のコスチュームがありましたが、
実際は十人十色で無数のコスチュームの組み合わせがあるんですね…(^^ゞ



着替えた後は表情の作り方やピースなどのリアクションの解説がありました。
ちなみに表情は喜・怒・哀・驚きの4種類の感情を3段階で変えられるらしい…
とりあえず「ニッコリ(喜LV1)」の表情にしておきました。
基本操作を覚えたところでイントロダクションはおしまい。
リビッツは空へと吸い込まれていき…



やってきたのはハウルの動く城のような機械仕掛けの部屋の中…
そして、ラリー・ダヴィンチ博士(青と赤のメガネをかけたキャラ)の登場…
どうやらここはダヴィンチ博士のドックの中のようです。
そして、この摩訶不思議な世界を救う勇者となるために同盟軍に入ろうと
勧められました(笑)



細かい操作についてはこれから進んで行く「ダヴィンチの隠れ家」で解説がある
そうなので、まずはそこに向けて出発!



ここまで来てようやくメインメニューが開けるようになりました。
基本は宇宙船のような空間からスタートになり、コントローラーに向かうとメニューが
開いてゲーム開始になるようです。
基本は「ストーリー」を選んでゲームを進めるようですね…(^^ゞ



ストーリーを選ぶと、最初の惑星…「ダヴィンチの隠れ家」が出てきました。
ここから冒険はスタートになるようです。
ちなみに先ほどのイントロダクションも見られるようになっているらしく、
戻って見ることもできました。
まずは同盟軍に入るための試練の数々を乗り越えるのが最初のミッションに
なりそうです(^^ゞ



まずは「ルーキーテスト」からスタートになります。
基本的には解説時にはダヴィンチ博士が付いているのでやり方は迷うことはあまりないと
思いますが、博士の話を聞いていないと分からなくなるかもしれません…
特に私のような本当に初心者は…
決められた条件を満たすと先に進めるのでここは素直に言われた通りのことをしていけば
先には進めるようになっています。



このステージはいわばボーナスステージのようなもので制限もなく、
アイテムボールが大量にもらえます。
最初は歩き方や立ち位置ポジションの変え方など基本操作を覚えました。



次はステッカーの使い方…
貼り絵のようなもので、足りていないパーツを組み込むことで絵が完成するようです。
ステッカーは先ほど手足のステッカーをゲットしていたので、それをパネルの
該当位置に合うようにはめ込んでいきます。



慣れない手つきで大きさを合わせ、回転させてできるだけぴったりとはめ込み場所に
ハマるようにステッカーを貼りつけました。



両方ともステッカーをはめ込むとパネルが落ちて先へと進む道が開きました^^
その後はジャンプパネルの使い方などの基本解説…
とりあえず難しいミッションではなかったので、集められる範囲でアイテムボールも
集めておきました。
まぁ、中にはどうやって取るのか分からないものもありましたが…



やがて、そうやって進んで行くと最後に成績発表のボードの所にたどり着きました。
どうやらここでこのステージは終わりのようです。
スコアボードの前に立つと、自動的にそのステージでゲットしたポイントが表示
されてステージ終了になりました!



成績は最高点が記録されるらしく、2度目以降は更新があった場合のみスコアボードに
ハイスコアが入れられるようになっていました。
ちなみに、獲得できたアイテムは83%…
本当は100%にしたいところですが、わかる範囲で集めてきたつもりなので
次のステージに進むことにします!



次のステージではスポンジブロックの掴み方と押したり引いたりするアクション…
おそらくこの先、重要になってくるアクションと思われるため、マスターしておくのが
ベター…そんな予感がしたのでここはしっかりと学習しておきます。



吊り下がっているスポンジブロックはブランコのように左右に反動を付けることで
振り子のように動くようになるのでこのテクニックを使って先へと進みます。



掴みアクションに慣れたところで、今度はフックを使った遠距離からの掴みアクション!
これもだいぶ練習しました。
意外にフックはうまく使えそうで使えない…
水平な角度にまでは反動がないと出来ないようで、アイテムボールの入手に苦労した
箇所が多かったです。



その先はいよいよ掴みアクションの試される時…
これまでなかった漏電している床…
上に落ちると感電してしまいアウト!
減点されて再びスタート地点からやり直しに…



しかも時間に制限があるため、出来るだけ急がなければなりませんでした。
慎重にプレイしながらどうにか無事にゴール!
いくつかのアイテムもご褒美で同時にゲットできました(^−^)
このステージはアクションの基本のような気がするのでまた練習の時に戻って
来るかもしれないですね…(^^ゞ



さて、次のステージ…
今度のは1発勝負のポイントゲットチャレンジゲーム…
ダヴィンチ博士いる先の床まで行くとステージが始まります!



ステージは全面がジャンプボードで覆われた強制スクロールステージ…
何故かBGMは交響曲5番「運命」(笑)
トランポリンのようにボインボインととび跳ねながらポイントバブルを集めていくだけ
の単純な構成ですが、強制スクロールなので何度も取るチャンスはないのと
感電する地面や刺の床があってここに接触してしまうと、そこでチャレンジ終了に
なってしまいます。



意外とジャンプ中のリビッツのコントロールが難しくて全部集めるだけの時間は
とてもありません。
床だけでなく、天井にもこのバウンドボードがある場所もあって変な方向に弾き
出されてしまうことも…
初チャレンジでは見事のこの罠にはまり、下の感電エリアに落ちました…
ここで早くもチャレンジ終了…



チャレンジが終了すると自動販売機のようなステッカプレゼントボックスが並ぶ
場所へと出てきました。
どうやらこのステッカーマシンの上に出ているポイントを超えていると中身の
ステッカーが中から出てくるようです^^
今回は2500だけ越えていたので、そこにあった3つのステッカーだけゲット!



その先へと進むと結果発表のボードがあり、ステージ終了のようです。
トータル4054ポイントでしたが、せめて5000のステッカーまでは欲しい…
そこで、「リトライ」で同じステージをチャレンジしました。



しかし、これが意外と難しくてなかなか5000まで届きません。
用心深くやってはいますが、強制スクロールなので後ろに戻ることができず、
大量に取り逃してしまうと後戻りができません…
また、トゲトゲエリアに来るとリビッツを正確に着地させないといけなくて
ここでどうしても串刺しにしてしまう…(^_^;)



4000と数百点くらいまでは毎回取れていましたが、なかなか5000の壁を
越えてはくれませんでした。



10回くらいチャレンジしたでしょうか…
最後までは行けなかったものの7000を超える好スコアで終えることができました!
これで5000のステッカーもゲット!
10000のステッカーも気になるところではありますが、今はここで終了に…



なかなか面白いですね…(^−^)
こういうステージでハイスコアを狙ってみるというのは…。



さて、では次のステージへ行ってみましょう!
この辺りからいよいよ試練らしくなってきました。
必ずと言っていいほど感電する床や天井があり、フックのアイテムでのアクションを
必要とするポイントが増えました。
また、アイテムもたくさんあるのでついつい欲張りたくなり感電することもしばしば…
ただ、普通にやっていては届きそうにない個所もあり、悩まされることもありました。
そうやって見逃してきたアイテムも実はたくさんあります。



基本はフックを使ったアクションが中心で、スポンジローラーが至る所に配置
されています。
ダヴィンチ博士はあまり登場しなくなり、リビッツだけでのアクションが
多くなってきました。



試練のコースも1つ、2つと無事に突破し、同盟軍の資格候補生に認定されるまでに
なりました!
このゲームの仕組みもだいぶ慣れてきました^^



ただ、厄介だと感じたところもあり、どうしてもスクロールしなければ
見えないような場所…
マップを知らない初チャレンジの時は何も知らずに飛び降りて感電してしまうことも
実は珍しくありませんでした(^_^;)



メインルートも6ステージが完了し、いよいよ最終試験!
いわゆるボスステージへと上がることになります。
どうやら今回は感電したときにやり直しのきく回数に制限が付けられたようです。



やりかたはダヴィンチ博士の作ったメカが相手…
このメカを停止させることが目的のようですが、ただ単純にスイッチの所にいける
わけではなく、高電圧のかかったアームが行く手を阻んできます。



停止させるためのスイッチは左右と中央上の段の計3か所があり、
赤いランプになっているスイッチやレバーを倒して緑のランプに変えること…
アームは転がりながら左右を行き来しているので厄介かと思っていましたが、
実はスイッチ付近は安全地帯になっているので焦らず行けば特に警戒することも
なく無事に突破できそうです^^
ただし、スイッチは一度緑のランプに変えても赤のランプに戻ってしまうこともあるため、
何度かこの切り替えを繰り返し行いました。



試練は無事に突破!
見事メカの機能を停止させることに成功しました(^^ゞ



こうして無事にダヴィンチの隠れ家をすべてクリア!
晴れて同盟軍として認定されました!
いよいよ次回から本格的な任務が待ち受けていそうですね…(^^ゞ
ビクトリアの研究所へと旅立っていくリビッツたち…
今回はここまでとしときましょう!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ところで、ストーリー以外の部分を見ていなかったので他のモードについて
気がかりで調べてみました。
ネットワークモードはまあいいとして、「Me」と出ているところを選んでみると
「ぼくの惑星」「チュートリアル」の2つが選べるようになっていて
自分専用のカスタマイズステージを作ったりダウンロードしたり出来るようです。



「ぼくの惑星」に入ってみると、何もない真っ白なステージにやってきました。
ここにどうやらエディットグッズを使って物を配置し、ステージにしていくようです^^
ちなみに今の段階ではまだエディットアイテムがほとんどない状態にあるため、
もう少しストーリーモードを進めてからエディットした方が良さそうです。
これはまたいずれですね…(^^ゞ



 

 

タイトルへ

次へ>

最後へ≫