≪最初へ

<前へ

タイトルへ

 

 


ひろうち92tトップ > リトルビッグプラネット > 工場とロビッツの救出劇



前回はビクトリア研究所の攻略を終えました。
今回はその続きになります!
まぁ、正直なところリビッツのアクションを100%使いこなせているわけではないので
ステッカーなどのアイテムも平均50%程度しかゲットできていません(^_^;)
ちゃんと攻略したいなら攻略本買えってことですね…(^_^;)
今回攻略するのは、「より良い明日を目指す工場」
まるで星全体が工場みたいですね〜(^^ゞ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



まずはその世界に入って最初のイベント…
今回の案内人はクライブ・ハンドフォース(以後クライブ)。
リビッツたちが到着すると、壁際で震えているキャラがいます。
このキャラがクライブで、ロビッツ達はすべて洗脳されてしまい、自分もどうなるのかが
怖いからと隠れてたみたいです(^_^;)
見た目的にもネガティブ思考で臆病そうですよね…(^_^;)



クライブの話では数日前にネガティビトロンに襲撃を受けて工場が様変わりして
しまったということ…
リトルビッグプラネットは子供でも遊べるゲームだけに実に分かりやすい
ストーリー構成ですね〜(^^ゞ
善悪がはっきりしてて…
…ということで、このネガティビトロンによってめちゃくちゃにされてしまった工場を
建て直すことが今回の同盟軍の任務となりそうです。



最初のステージはその工場へ向かうステージ…
アクションは以前ダヴィンチの隠れ家でも使ったフックを使って飛びつくアクションが
中心となってきました。
少しブランクがあったので、最初はうまく飛びついていけませんでしたが、
すぐに感覚も戻り、順調に進んで行けるようになりました。
まぁ、ダヴィンチの隠れ家の応用ステージですね…^^



ステージ後半はロビッツ達の救出へと入るようです。
まずはゲートを開けてクライブを中に入れてあげます。
その後にロビッツの救出についての説明があります。



助け方は簡単で、レバーをひねるとかごが開くようになっているので、
それをやってまずはかごから出してやり、そのままゴールまで誘導してやれば
いいようです。
困ってしまうのはロビッツ達も臆病になっていてリビッツが近付くと
逃げてしまうのです。
そのため、誘導するにはわざとリビッツをゴールよりも遠い側に移動させて
彼らを追いかけてやらないといけません。
ちなみにロビッツたちはバカじゃないので、リビッツが追いかけても
落ちると死んでしまうような焼却炉の中に飛び込んで行くようなことまではしません。


↑ ロビッツをアイテムとして利用している例…ゆるせロビッツ…(^_^;)

本来は守る対象のはずのロビッツ達ですが、身体は割と丈夫で投げるアイテムとして
実は利用できます(笑)
彼らを投げ飛ばしてスイッチを入れたりするアクションが必要なところがあるんですね…



ただ、初回は要領がつかめなかったため、不必要にロビッツ達を投げ飛ばしていたので
高電圧の床に落としてしまったりアイテムを移動させるときに同じく
高電圧の床に押し出してしまったりと大勢のロビッツ達を犠牲にしました…(^_^;)



初回に救出できたロビッツはたった5体だけ…(T_T)
もう少し救出してあげたかったですね…



…ということで、リトライでもう一度チャレンジしました!
今度は不必要に投げ飛ばしたり危険ポイントに押し出すようなことはしないように意識
したこともあって、15人全員のロビッツ達を救出できました!



ロビッツ達も救出後は黄色の垂れ目から赤のハートの目に変わっていました。
今度こそバッチリですね(*^^)v



さて、次のステージ…
工場の中にはまだまだ閉じ込められたロビッツ達がいっぱい…
今回のミッションはロビッツ達の救出こそが主なミッションなのでしょう。
今回は最初からロビッツ達の目もハートになっており、最初からリビッツの後を
カルガモの子のようについてきます^^



大人しくついてきてくれるのでこちらとしては好都合で、レバーを切り替えたりして
道を切り開きながらゴールへと誘導していきます。



トリックスイッチになっている箇所もありますが、あまり複雑なテクニックは必要なく、
”ON=緑のランプ”が基本なので、スイッチをそうなるように切り替えながら進みます。
うまく切り替えないとロビッツ達が掃除機の中に吸い込まれたまま出て来れないので
ちゃんと出してやらないといけないんですね…(^^ゞ



ステージ2はロビッツ達全員を無事ゴールまで誘導できました!
なかなか好調ですね^^



次のステージ…
今回のステージはちょっと特徴があるようです。
紫のハートマークブロックがキーとなっているようで、これを持つことでスイッチを
入れることも出来る様子…
扉を開くときはスイッチをリビッツだけでなく、背景をついてくるロビッツ達も
踏ませなければならなかったりするので彼らをコントロールする必要もあり、
そのからくりを見抜くのに少し時間を要しました。
どうもこのステージはロビッツ達はリビッツにラブラブでついてきているわけではなく、
リビッツも持つハートのブロックについてきているようだったのです。
そこで、場所によっては意図的にブロックを手放したりすることも必要でした。



今回はロビッツ達の救出も大事なミッションなので、天井につぶされないように
リビッツ自身の位置を調節する必要もありました。
このステージは時間制限もあり、時間がかかるとどんどん減点されるのも困りもの
でしたね…(^_^;)
ただ、苦労した甲斐はあり、20人全員のロビッツ達を救出できました!
ステッカーアイテムボックスに入っているアイテムはすべていただきです^^



次のステージへ…今度は武器庫のステージのようです。
クライブも話していましたが、このステージは危険がいっぱいのステージでした!
監視システムが厳重で侵入者を排除しようという仕掛けが多いのだとか…



まず、注意したいのが爆弾の取り扱い…
どうしても破壊しなければ進めない障害物があるため、爆弾で破壊しながら
進むアクションが何度も必要になります。



…ところが、リビッツは必ず頭上に爆弾を乗せて運ぶことと、壁などに接触すると、
その時点で爆弾は破裂します。
…そして、この時爆弾の爆発射程圏にいるとリビッツも一緒に粉々になってしまいます。
自分の仕掛けた爆弾ならばダメージを受けないゲームもありますが、このゲームは
敵味方関係なく、爆発に巻き込まれるとアウトのようです。



コレが結構厄介で(…というより投げ方が下手だからですが…)、
障害物に爆弾をぶつけて全然進むこともできず、しまいには人間爆弾(ぬいぐるみ爆弾?)
と化して標的側に突進までしました(^_^;)
(20分以上障害物と不毛な戦いが続いていた…)
命がけであったにもかかわらず、全然進めなかった箇所すらありました。
後になって気付きましたが、爆弾は壁などに充てなければいきなり破裂はしないことが
分かったので、事なきを得ましたが…



↑ 惨い仕打ちを受け続けるリビッツ…何十体ものリビッツがこの工場のせいで焼き尽くされました…

ただ、問題となった個所は決して先のポイントだけでなく、このステージ内の
至る個所にありました。
リトルビッグプラネットのゲームは他のアクションゲームに比べるとミス出来る回数
(命の数)がかなり多く、寛容な設定になっています。
そのせいかリビッツも結構か弱い身体になっており、トラップも多く
仕掛けられています。
リビッツが焼却炉で燃やされたり火炎放射トラップに焼き尽くされたり…
冷静に考えれば残酷な死に様を嫌と言うほど見ました…(*_*)



あまりのミスの多さに「はかない命」(※)なんてトロフィーまでゲットしてしまいましたし、
絶対コレ教育上よろしくないと思うんですけどね〜(^_^;)
結構リアルに粉々にされたり燃やされたりしてますけど、ぬいぐるみとはいえ、
リビッツ君は一応命ですよ…?
全年齢共通(CERO A)のゲームなんですけど…

(※ 5人や10人程度のリビッツではとても手に入らないため、
 相当な数のリビッツが犠牲になっている)




本当にここのロビッツ達の救出にはえらい目に遭いましたよ…
本当にリビッツ君お疲れさまでした…(*_*)




その次のステージも焼却炉のステージ…
これまでにはなかったつかまりアクションが追加されています。
よくアニメやゲームでサルの橋渡りなんてシーンがありますよね(^^ゞ
あれによく似ています。助けたロビッツ達が今度はリビッツに協力してくれて
先に進めるようになっています^^
橋になってくれたあとはそのまま見殺しにせず、ちゃんとレバーを引いて
助けてあげます。



こうして工場内に居た全てのロビッツ達の救出が終わりました!
次はいよいよボスステージです!



さて、いよいよボスステージ…
ステージに入ると何やら騒々しい…
コペルニクスと言う巨大な鳥メカが暴走して襲ってきているということです。
この鳥に踏みつぶされないように「みんな早く逃げろ!」ということ。
逃げることが基本となる強制スクロールのボスステージと言っていいでしょう。


↑ ズン!!プチッ…あぁ、またリビッツ君の命が散っていく…

初回は状況がイマイチ把握できていなかったこともあって逃げ出し始めるタイミングが
遅れました。
それもあってあっという間に追いつかれてしまいます。
わずかステージ開始数秒でぺしゃんこに…



このコペルニクスと言う鳥メカは結構早いのです。
このステージにもアイテムがあるようなので、それを取ろうとか考えていたのですが、
実際はそんなのんきなことをしてるような余裕はほとんどなく、全力で逃げないと
追いつかれてしまうんですね…
マリオで言うところの巨大マリオが襲ってくるようなもので障害物まで平気で
蹴散らしてくるので、障害物はむしろ自分たちの首を絞めるような存在でしかありません。



まぁ、まさに恐怖のレースですね…(^_^;)
アイテムボールも転がっていますが、結局取ることなく、無残にも鳥メカによって
蹴散らされてしまってます。



アイテムを集める際にはコースをあらかじめ決めておいて確実に逃げる途中で
拾っておくしかないでしょう…
逃しても後戻りができるほど時間はないので、先に出現ポイントを把握しておく
必要がありそうです。



たどり着いた先は突き当たりの行き止まり…

「もうだめだ…おしまいだ…」

クライブが泣き言を言う中、鳥メカは橋の重量制限を越えてしまっていたのか橋が崩れて
真下の溶鉱炉の中に落ちて行きました。



どうやらクリア看板も出てきたのでようやくこれで終了…
クライブとロビッツ達は安堵の表情を浮かべていました。
これでこのステージも終わりになる…



…わけではありませんでした!
突如、溶鉱炉の中から例の鳥メカが現れたのです!


↑ ズン!!プチッ…一瞬の出来事に呆然としてて踏みつぶされました。ヾ(*`Д´*)ノオイ〜!そこの焼き鳥〜!!

てっきりイベントかと思ってました…(・.・;)
ほら、アメリカのホラー映画なんかだと「助かった〜」と思っていた時に不意に
その恐怖の対象が出てくるなんてあるじゃありませんか…(^_^;)
今回もそんな演出じゃないかと思っていたのです。
でも、どうもそうではないらしくまだステージが続いているみたいです。



…ということで、再び挑戦。
…今度は死んだふりは通用しませんよ!
安堵のシーンから恐怖のシーンが再開されるので、今度は逃げ遅れないようさらに
画面右へと逃げて行きます。



最後はクライブがプレス装置のスイッチを入れ、溶鉱炉で焼かれてもろくなった
コペルニクスごとスクラップにされました。
今度こそ本当にクリアです!(^o^)



ようやくネガティビトロンの騒動を収めることができました。
…今回の「より良い明日を目指す工場」では相当な数のリビッツが犠牲に
なりましたけどね…

感謝してくださいね〜ダヴィンチ博士にクライブさん。



こうして「より良い明日を目指す工場」から次の目的地…
「アヴァロニア」へと向かうことになりました。



≪最初へ

<前へ

タイトルへ