≪最初へ

<前へ

タイトルへ

 

 


ひろうち92tトップ > その他ゲーム > レベル2攻略



前回、わいわいゴルフを始めて思ったことは「みんゴルに比べて本当に難しい!」
ということでした…(;^ω^)
操作感が全く違うというのはやっぱり戸惑いますね…
レベル1から波乱のスタートになりましたが、今度はレベル2の攻略に参ります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



レベル2の大会も4大会+VSが2つ…
どうやら春夏秋冬の大会があって、新キャラが2人ずつ相手になるシステムのようです。
レベル2に上がり、新コース「キャニオンバレー」がプレイ可能になりました。
このあたりのコースの性質とかみんゴルに非常によく似ています(/・ω・)/
新キャラが加わったもののまだキャラクターボックスはシルエットだらけ…
能力はまだお世辞にも高いとは言えませんが、クラブやボール、それにその他の
装備品なんかも熟練度が上がると性能が上がるようなので、少しずつ性能アップを
試みていきたいところです。



個人的にリゾートリンクス苦手…
パワーをよく外すからなんでしょうけど、OBやアンプレアブルが多いのです。



ちなみに、このゲーム…
オプションから「メニューに戻る」を選ぶことで、即タイトルに戻ることができ、
止めたいなら中断再開を「いいえ」にすれば実質リセットと同じことになります^^
ちなみに、「はい」を選んで再開しても、1打目からのやり直しではなく、プレイした
ところからの再開(つまりOBなどして5打目とかなってた場合は5打目からの再開)
なります。インチキはできないので、実質この機能を使っているのはリタイアのために
使っています。(゜_゜)



難易度的にはキャニオンバレーの方がやりやすいと感じたくらい…(;´∀`)
ロングパットになると1パットはほぼ不可能な点はどのコースでも同じですしね…




パットに迷った時…
わいわいゴルフのキャディは親切で、パットの時の具体的なアドバイスをくれます。
これはみんゴルのキャディではない仕様…^^
「ボール〇〇個分…」という指示はある程度パット感覚に慣れてくれば非常に心強い
アドバイスになると思います^^
もちろんキャディのレベルもあるので、最初から選べるような新米キャディは
極端な傾斜はキャディもよく読めず、「ごっつう左に流されよるで!」というように
具体的指示をくれないこともあるようですが…
また、時々キャディは嘘も言うので、最終的にはそれを信じていいものか自分の目で
確認してからパットを打つようにしています。
(傾斜を見た限り明らかに左なのに「右にボール2個分」とか言ったこともあった)






とりあえず、レベル2のリーグ戦も全て制覇!!
他のエントリー陣は大体トップ級でもイーブン前後なので、アンダーで回れていれば
とりあえず優勝が揺らぐことはまずないレベル…(゜_゜)
基本はミドルホールなら2オン2パットのパーが多く、寄せワンのバーディが
そこそこ…それにたまに2オン逃しでラフ・バンカーや3パットでボギーのことが
ポツポツあるくらい…
OBやウォーターハザードで想像以上の大叩きをした場合はその時点でリタイアしています。
4リーグ制するまでに7〜8ラウンドくらいプレイしました。
まぁ、「諦めたら試合終了」なんて言われたりもしますが、条件が悪いものをいくら
頑張っても成功率なんて低く時間の無駄…現実と違い、何度もチャレンジは効くので、
「諦めも肝心」なのですよ^^


↑ リサ「私の読みに勝てるのかしら!?」 ジョージ「楽勝だぜ!!」

さて、今回もVSで新キャラゲット…
まず最初に戦ったのは元アメリカ空軍のリサ…
パワーに加えて精度の高い的確なプレイも得意なキャラ…
こちらはパワーのみでの対抗w
ふたりのセリフを聞いてると一触即発状態ですが…w



流石にコースが若草CCというだけあって、相手も普通に連続バーディを取ってきます。
こちらもバーディでしのぎつつありますが…




ようやく3番ホールでイーグルが決まり1歩優勢に!!



続く4番ホールではリサがミスをしたため、ここでもリードが広がります。
ゲームによってCOMは極端に強かったり弱かったりします。
わいわいゴルフでは飛距離至上主義らしく、飛距離のあるCOMは結構厄介です。
相手COMはパットになると結構1パットで決めるので、オンさせられると結構脅威を
感じますね…
ただ、相手COMはよくショットインパクトで「Bad」を出すので、それを
どのくらい出すかでこちらの有利不利がだいぶ変わってきます。



そこからしばらくは勝負は平行線のまま…



7番ホールでまたリサがよくわからないミスでラフに入れてたので、それが決め手で
また1UP!!




9番ホール…
また筋肉親父の馬鹿力ゴリ押しプレイでイーグルをもぎ取り、リード。



…気が付けば、相手には1つもリードを与えず、完勝しておりました( *´艸`)
ジョージの言う通り本当に「楽勝」でしたね♪w

 また、鍛え直しだ〜…!!

ご苦労様、…大佐w( *´艸`)



続いてVS2戦目…
ダウンタウンの少年ルチオ。
何故ゴルフをやってるのかよくわかりませんが、運動神経は抜群に良いらしい…
戦う場所にもよりますが、リゾートリンクスではぼろ負けだったので、他のコースで
挑むことにします。



戦ったコースはキャニオンバレー…
…しかし、思った以上に強い…(; ・`д・´)
バーディでもなかなか差が開かないのです。
むしろ、パーなど叩こうものなら負けることもざらにあったので、今回も結構厄介な試合…



3番、4番でようやく先制!!



その後、スラム少年は急に弱くなりましたw
最初の頃、2DOWNとかなると、すぐにリタイアしてましたが、じっくりやっていれば
もしかすると、最初だけで弱くなっていたのかもしれませんw



ここはやっぱり相手の出来次第で良くも悪くもなる…
取っては取られてのラウンドとなりましたが…


↑ 後半…ルチオは随分失速してた模様… ヨシキ「運も実力…だろ?」

いざ終えてみれば、ずいぶんと差がついておりました(^^ゞ
最後の方はパーですら勝ててましたからね…w(;´∀`)



…ということで、ルチオとリサが使えるようになったわけですが、実際の能力を見る限り
バランス的には優秀なリサ…
ただ、彼女は装備ポイントが低く、装備品をあまり充実させられない問題があるようです。
名人のクラブを扱えないのが最大の欠点。
一方のルチオはもっと問題児っぽく、スピンとインパクトに光るものがあるものの
パワーが弱く、コントロールも悪く、ドローのクセもある…
前回加わったロレーンとルチオの2人はよほど意識しない限り使わないキャラに
なりそうな予感…(;´∀`)
(ロレーンもフェードのクセを持つキャラ)




…ということで、現時点でメインキャラを選抜するならミホ、ヨシキ、ジョージ、
リサの4人…
当初、あまり意識もしていませんでしたが、装備ポイントは最初から使えるミホとヨシキは
圧倒的に高く、将来良い装備品や良いキャディが加わればさらなる活躍も
見込めそうであり、「初期キャラ=ザコ」の考えは間違っていることに気がつき始めます。
装備ポイントが高いと、大会によってアイテムを自由に変えられる選択肢もあるので、
初期能力は低いながら初期キャラも捨てたものじゃないと思ったわけです^^
尚、ジョージはパワーバカの代表格であり、リサはそれにコントロールの良さも加えた
装備品に頼らないプレイが利点とも言えそうです。



そこで、この4人を使い、レベル2をクリアして新たにプレイできるようになった
ブルーオリンパスのコースをプレイしてみることにします。(季節は秋)



コースは起伏が多く凸凹になって、バンカーの配置なんかも若干やらしくなってきて
いるものの対応できないほどのものではなく、それまでのコースと大きくスコアが
変わってくるものではありませんでした。



むしろ、スコアメイクのカギはセカンドショットがいかにピンそばに寄るかどうかであり、
パワーのショットゲージをほぼ100%狙い通りに打てるみんゴルに比べると、
わいわいゴルフでは各キャラのパワー決定を上手にできるかどうかというプレイヤー側に
スコアメイクの鍵があり、パワーの決定ミスなんかをしているヘタクソな筆者の腕では
極端な話、「どのキャラを使っても同じ」であるようにも思えますw(;´∀`)



このゲームはパットが難しく、傾斜も読みずらいため、ロングパットにしてしまうと
なかなか1発では沈められないものでもあり、キャディにも判断が難しいような傾斜の
パットはほぼお手上げ状態…(/・ω・)/
結果として序盤…リサの記録が全然伸びず…
逆にミホはどんどんスコアが伸びていた状態でした。

最終結果がどうなったかというと…



リサを除く3人が大体同スコア…
リサだけが当初の出遅れから脱却できずに−5どまりでした。




今回も1位になったジョージですが、ハッキリ言って筋肉ゴリラですw( *´艸`)
ショットすると、明らかにぶれるのが目に見えて分かるし、なかなか正確に飛ばせない…
ただ、プレイヤーのショット精度にもこれは関係してきます。
いくらコントロールの高いキャラを使ったところで、プレイヤーがパワーミスや
インパクトミスをしているようでは正確に飛ばないのは当然のこと。


↑ コントロール能力の高いキャラと一緒に回っていると、特にブレの違いを強く認識する

もう12年ほど前になりますが…
かつて筆者がみんなのゴルフ2を現役でやってた頃もホークやベンにビッグエアーボール
(飛距離を伸ばし、コントロールを悪くするボール)を持たせてた飛距離最重視、
インパクトはそこそこ残し、コントロールは度外視の設定でした。
今回もそれに似ています。
精度の高いショットができないうちは彼が最強として君臨しそうなのは
当面変わりなさそうです(^^ゞ



≪最初へ

<前へ

タイトルへ