≪最初へ

<前へ

タイトルへ

 

 


ひろうち92tトップ > ミク ProjectDiva > DivaFutrueToneDX 11月号



そろそろFシリーズでPVエディットを再開したいなぁ…と思いつつ今月のプレイ日記^^
今回は少し難易度の高い曲が多かったので、HARDクリアに少し時間を取られた感あり…
エンヴィキャットウォークとかFシリーズでも苦手な曲だったんですよね〜(;´∀`)
ある程度、時間に限りがあるため、泥沼化しない程度に頑張っているひろうち92tです。
今月プレイしたのは以下の10曲…

・ アドレサンス
・ 番凩
・ アンハッピーリフレイン
・ on the rocks
・ リモコン
・ エンヴィキャットウォーク
・ パラジクロロベンゼン
・ 秘密警察
・ Nostalogic
・ 孤独の果て


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【アドレサンス】



歌:鏡音リン・鏡音レン

初めて聞いた曲…
ただ、Dios/シグナルP氏のプロデュース曲であることを見てすぐに
「リンリンシグナル」を思い浮かべますw(^^ゞ
Dios/シグナルP氏のプロデュース曲には鏡音リンやレンの曲が多いですからね…^^
大富豪の箱入り娘とそのお父さんが交互に歌うイメージの歌詞…
楽曲は結構長めです。
比較的難易度は低めな曲ですが、HARD以上になるとスライドバーを多用するようになり、
難易度がぐっと上がった感があります。



特にEXTREMEになると、スライドバーが3回に1回くらいの頻度で出てくるため、
ボタン操作を大きく変更した曲になります。
基本的にはアナログスティックを使用していますが、この曲に限ってはそれでは全然
手が回らないため、L2・R2のボタンを代用するようにして対応しました。





【番凩】



歌:KAITO・MEIKO

DIVAではもう古くからある曲の1つで、おなじみの曲。
背景や演出が作品ごとに少しずつ違っていますが、基本的なストーリーは皆一緒。
個人的にはとても好きな曲です^−^
難易度は低めな曲…
BPMはゆっくりめなので、焦って打とうとすると、早すぎてSAFEとかをよく出す曲w
特に途中でスピードの変わるポイントをどう切り抜けるかが鍵…
焦らず確実に打つことが大事だと思います(^^ゞ
ちなみに、この曲はEXTREMEになって急激に難易度が上がっている感があり、
特に中間の間奏部分が最大のデッドポイント…
ここをどう越せるかがポイントである気がします。



実はこの曲…合格点は既に踏み越えてて完走モードならば70%以上の達成率で上がる
ことが出来るわけですが、中間のデッドポイント(ミックス譜面連弾)で毎回強制終了に
なっているのです(^_^;)


↑ この譜面が長く続くので、半分捨てるやり方は通用しない…正確に打つ以外に方法がなく、どうしても越せない壁…

ちなみにこれ…前作でもあったわけですが、前作ではWRONGSAFEの扱いだったので、
強制終了にならなくてクリアできてたわけですねw
(↑ 今作ではWORSTと同じ扱い)





【アンハッピーリフレイン】



歌:初音ミク (ゲスト:鏡音レン・KAITO)

前作でも登場した曲ですが、BPMが早く、連打が多いため個人的に苦手だった曲…
かなりパンクなユニットの3人…
イメージ通りのハードロックですが、HARDまでは連打は同じボタンが続くので、
まだ対応はできるレベル…
途中でタイミングがずれると、ミスが連発しがちで、連打のタイミングには結構注意が
必要だった感じはします。





【on the rocks】



歌:MEIKO・KAITO

この曲も初めてだった曲ですが、印象深かった曲…
MEIKOさんのイメージにはピッタリの大人のバーをイメージしたステージ…
大人の恋を歌っている曲です。
難易度も比較的低めなので、プレイしやすくなじみやすい曲でした^^
個人的にすぐに気に入った曲。
ピアノを弾いてるKAITOもなかなか斬新。(^^ゞ
ちなみに、この曲…EASYがないようですね…





【リモコン】



歌:鏡音リン・鏡音レン

前作ではまあまあ得意だった曲の1つ…
何を隠そう、この曲こそがDIVA人生初のPARFECT達成曲でした^^
前作よりも連打は多くなっていますが、単純連打が多いため、それほど難しくは
ないと感じた曲でした。(HARDの話)
eSportsだとか今は言われてますが、DIVAが公式競技で合ったらこんなステージに
なるんでしょうかねぇ…(^^ゞ





【エンヴィキャットウォーク】



歌:初音ミク

前作でもプレイしたことのある曲…
やたらとリズムが取りにくかった感があり、苦手だった曲の1つ…
スピード感あるPVとコラージュの世界背景はなかなか面白いんですが、
リズムの取りにくさは本当に苦手でした。
前作に比べるとだいぶましになった気はしますが、相変わらず高得点は狙いずらい
譜面で張ることは否めない感があります。
PVのヘンテコな世界観とリズム感の難しさは「二次元ドリームフィーバー」
通じるものがありますw





【パラジクロロベンゼン】



歌:鏡音レン

この曲もDIVAでは古くからあるお馴染みの曲…
オワタP氏の「ベンゼン」シリーズの曲の1つではありますが、歌詞はネガティブな
歌詞が多く、少し狂気じみた歌詞が多いのが特徴。
これもそんな曲の1つ…
連打は思ったほど多くはありませんでしたが、逆に中途半端に多いとリズムが
とりずらくなる感はありますね…(゜_゜)





【秘密警察】



歌:初音ミク

スパイ活動を取り締まる政府直属組織「秘密警察」
ただ、その取り締まりや取り調べはかなりヤバいことをやっている組織…(;´∀`)
イメージ的にワン〇ー〇のC〇9が根底になっているのか、結構歪んだ正義の組織です。
Pixivで専用ノベルなんかも作られていた曲で、人気は高いようですが…
筆者がまだ初心者の頃、Fシリーズでいきなり苦労した曲でもあり、DIVAの難しさを
思い知らされた曲でもありました。
まぁ、サビが多く、リズムも一定なので慣れれば対応できるようにはなってきますが…




【Nostalogic】



歌:MEIKO

あまりないMEIKOさんのソロの曲…(゜_゜)
11月はMEIKOさんの誕生月でもあるので、この曲を選びました^^
Fシリーズで聴いた声がFutureToneDXでの声と少し違うと感じたわけですが、
ボーカルも前作とは少し変えられているようです。
(複数のボーカル収録されてる曲はPVを聴くときには自由に設定を変えられる)
MEIKOさんの声はメインボイス以外の声に何タイプかありますからね…
前作で聴いたのは「LOLI-MEIKO」の声だったんじゃないかと。(^^ゞ
多分、ここからミクたちと同世代設定になっている「咲音メイコ」の派生元になった
のかもしれませんね…(゜_゜)


↑ 「咲音メイコ」。ミクたちと同じように肩にキャラクター番号「00」の数字が入っている





【孤独の果て】



歌:鏡音リン (ゲスト:鏡音レン)

extendsに収録されてた曲で、前作Fシリーズでも一応追加コンテンツとして配信が
されていた曲です。
先月の「なりすましゲンガー」同様、ネガティブな思考の歌詞で、「孤独の果てに
自分がどうなるのか」
という疑問を歌っている曲…
割と有名な曲ではあるようですが…(゜_゜)
尚、NORMALでも結構難しいと感じた曲です。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



プレイデータを確認してて気になったことがあります。
クリア統計には現在クリアしているプレイ情報が記録されています。
どのくらいまでDIVAを極めているかを示すパラメータでもありますが、
その中にリズムオプションクリア情報というものがあります。
「これは何だろう…?」と。^^



敢えて設定したことなどありませんが、楽曲を選ぶ際に「完走モード」
「プラクティスモード」と同じように「リズムゲームオプション」というものも
設定できるようになっています。
前作でもありましたが、要はチャレンジ系アイテムに相当する設定のようです。
…ということで、物は試しにやってみることにします。
ただし、これらのオプションは普通のリズムゲームからすれば難易度を上げる行為なので
とりあえず、難易度が上がってもとりあえずは対応できるだろうと思う難易度まで下げて
プレイすることにします。楽曲も今までにクリアしたことのある曲の中から選びました。

HI SPEED



前作でも設定のできたメロディアイコンのスピードが速くなるモード…
当初「元の楽曲の2倍くらいのスピードかな…」と思っていましたが、
実際はとんでもなくw



BPM300〜400相当の恐ろしいスピードでメロディアイコンが飛んできます。
元の楽曲のターゲットスピードなど全く関係なしでした。
「初音ミクの激唱」で苦戦したノーツスピードでさえ所詮BPM220程度…
これはそれを遥かに超えるノーツスピード…
反射神経がないと目押しなどできないので、ターゲット配置を完璧に覚えておかないと
ほぼ対応できませんw



元々BPMの低い簡単な曲ほど難易度が劇的に上がる気がしています。
ちなみに、ターゲットはちゃんと出てくるので、歌詞を知っててリズム感がある程度
掴めているようならNORMAL程度ならミステイクになることはそんなにないと思います。



もともとターゲットスピードの速い曲もスピードは上がります。
…が、もともとノーツスピードが速いため変に違和感を感じることはなく…
ただし、それでも通常の2倍程度のターゲットスピードになるのでどっちにしても
目押しはほぼ不可能…
ある程度ターゲット配置は知ってた方が高得点は取れる気がします。


HIDDEN



ターゲットアイコンとノーツが重なる前にターゲットとノーツが消える
意地悪なモード…(;^ω^)
前作では味わったことのない厄介なモードオプションでしたw
「みんなのゴルフ」をプレイしたことのある方は分かるかもしれませんが、
あれで言う「心眼インパクト/消えるゲージ」に相当するモードですw



まず、大前提として曲を知らないことには話になりませんw(;´∀`)
ターゲットとノーツは重なる1秒くらい前に消えてしまうため、曲のリズムを
把握してて「このくらいのタイミングだ」と思う場所でボタンを押す必要があります。
これをコンボ切らさずに打てる人は相当なリズム音感の持ち主ですw('◇')ゞ



ターゲットは2連・3連くらいが一番タイミングを取りやすい感があり、単発では
正確に押せないことがあり、逆に連続しすぎてても見て補正が出来ないためタイミングが
ズレてしまいやすい…
あとは、歌詞がないところが一番の鬼門です。
歌詞のある場所はまだ歌うリズムがあるので、目安になりやすいので大きく外すことは
ないわけですが…


SUDDEN



前作の「シャイターゲット」に相当するオプション…
ただし、前作ではターゲットの出現タイミングが遅くても飛んでくるノーツは
見えてました。
だから、潜在的にターゲットの予想はできたわけですが、今作のSUDDENはノーツも
タイプするリズムの1秒前にも出てこないため、本当に突然現れる感あり。



本当に姿を見せているタイミングというのは一瞬であり、既にターゲットとノーツは
重なる寸前に来ているタイミング…
何処に出現するかも分からないため、画面全体を観察している必要があり、
素早く頭を切り替える必要があります。多分3つのオプションの中で一番難しいルール…



これで辛いのは事前にターゲットの種類も確認できないこと。
完璧にターゲットの種類を把握できていない場合、ターゲットの出現した一瞬の間に
即座にターゲットの種類を判断してボタンを選んで押す必要があること。
前作のようにターゲットだけはちゃんと出現していれば対策の立てようもあるわけですが…
EXTREMEなど凡人にはまずクリアもできないだろうというオプションです(;´∀`)

↓ とりあえず、練習なしの抜き打ちでやった結果








ちなみに結果は成績に関係なく、クリアすればオプションクリア情報に
カウントされるようです^^



あと、普段あまり呟くこともありませんが、Extraランクもあるんですが、
そもそもすべての曲に存在するわけではなく、存在してもEXTREME以上の難易度ばかり
なので、プレイできてもチャレンジしているものが少ないのです(;^ω^)
今のところ、クリアできているのは1曲だけですしね…w


↑ ターゲット数はEXTREMEと大体同じだが、同時押しやスライドバーがより増やされ、難しくされている



≪最初へ

<前へ

タイトルへ