≪最初へ

<前へ

タイトルへ

 

 


ひろうち92tトップ > みんゴル日誌 > みんゴル3、4 > Z復活プロジェクト5



ご覧いただき、ありがとうございます!
今回は、Z復活プロジェクトの第5話。
無事ファルコンに勝利しましたが、そこに何者かが現れました!
…では、今回も始めます^^
尚、このネタは「Z復活プロジェクト1〜4」の続編です。
初めてご覧になる方はこちらを先にご覧いただくことをお勧めしますm(_ _)m

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ファルコンを破り、意気揚々とさくら山を去ろうとするクーガーとZ…
しかし、彼らを前に謎の男が現れる…

 もう完成レベルなんじゃないんですか…?
 …う〜む…

 …それはどうかな…!?



 …ムッ…何者だ…!?
 …研究所の依頼を受けた…
   …と言えばわかるかな…?

 …まさか…このZの…
 …いかにも。
   先ほどの勝負はとくと見させてもらった…
   だが、その完成度をもう少し確かめてみたくてな…

 …だが、チーフの許可なく戦わすことはできん!
 …フッフッフ…
   君のチーフからの許可はもうとうにもらってある…
   研究のためならばと喜んで了承してくれたよ…

 …何っ!?
 …その人の言ってることはホントだよ。
   …黙っててごめんなさい。

 …君も知っていたのか…!?
 …『もしZが4勝するようであれば、乱入試合がある…』
   今朝、その通知が来てたんです…

 
 …フッフッフ…
   私の傍らにいるこやつの顔を覚えているか…?

 …まさか…こいつはこのZの…
 …そのとおり。
   こやつはかつて敗れた従来のZ…いわばZ1号機だ…

 …となると、このZの相手とは…
 …察したようだな…その通り。
   このZを相手に戦うことが出来るかな…?

 …やるしかないだろう…
   どのみち貴方が研究所の者ならその研究成果を知りたがるのも無理はない…

 …フッフッフ…
   楽しみだ…どこまでの完成を見届けられるのか…




 …どうしますか?ギア…
   これで勝てるのかなあ…?

 …どっちにしてもやるしかない。
   …こいつに持たされているのはこのギアだけなのだ

 …俺が狙うのは完全なる勝利だ…!!ギアに制限はあるが、
   計算上、勝てないわけではない…全力で立ち向かうのみだ…!!

 …そうですね!まだ負けと決まったわけじゃないですもんね!



 …性能面、データ面どちらもお前に分がある。全力で迎え撃て!
 …承知…!!データベースの不完全な新型に俺が負ける確率は0%!!
 …フッフッフ…
   さあ、どう出るか…?新型よ…
   お前にこやつのコンピューターを狂わせ、勝利するだけの腕が備わっているか…!?




 …始めましょう!!
 
 
 …お手並み拝見させてもらおうか…
 …貴方の目的は一体何だ?
 …フッフッフ…さあな…



 …あっちゃ〜
   強く打ちすぎちゃいましたね!パワー決定苦手でしたもんね〜

 …パットでカバーする…




 …どうした?
   お前の実力はそんなものか…
   それならば、早速2打で決めさせてもらおう…!!

 …うわ〜…入っちゃった〜!!
 …これこそが真のZの姿…!!
   我に敗北はない…!!




 こっちも入りました〜!!
 …まだ終わってはいない…





 …どうした?旧型よ…
 
 大丈夫ですか〜?次行きますよ〜



 …何とか逃げ切れ…
   奴の追撃も半端なものではない…とにかく差を付けられるところで付けるんだ…!!

 …少しは楽しませてくれているようだな…
   だが、それが最後まで続くのであろうかな…?





 2オン狙うんですね!
 …狙えるところは狙う…条件は悪くない…
 やったね!イーグルです!!
 …まずはイーグル決まったり…!!



 …なるほど…すばらしい…!!




 また雪になっちゃいましたね〜(汗)
 …俺に弱点はない…悪天候であろうと、入れる時は入れる…!!
 

・・・

 …これはしばらく降り続くな…致命的なミスにならなければいいが…
 …くくく…(わかるぞ…苦悩しているな…)



 いいですよ〜♪
   え〜と…何て言えばいいのかな〜?
   新型さんも旧型さんもバーディでーす!!

 
 

・・・

 …ほう…なるほど。粘るな…
 …貴方の目的は分からぬが、奴もそれなりにデータが揃ってきている。
   簡単に倒されはしないぞ…!!

 …フッフッフ…そうでなければ、面白くない。
   勝負をかけてみた甲斐があったというものだ…





 雪は止んだみたい…
   でも、2オンはちょっと無理じゃないかな〜
   …あ、わかってたみたいですね!

 …無論だ
 ピン位置が手前の時に飛距離ギリギリはやばいもんね…




 こっちはやっちゃったか〜…
   狙い過ぎは危険ですよ〜?

 …何故だ…?
   性能面で有利な俺が何故…新型に負ける…!?

 はい、パーでーす!!
   OUTでは新型さんの方が有利みたいですね〜
   INに行きましょう〜!!




 ナイスショット!やっぱりバーディ狙いですよね〜
 …性能的に2オンは無理だ



 …俺は狙う…
 わぁ〜…ベタピンですよ!!
 …狙い通りだ…



 セカンドが強すぎてパットが決まらなかったね…
 …俺はまだ強くなる…
 …どうした?新型よ…我らZは量産型ではない…
   せめてバーディくらい決めてこい…




 12番、13番も引き分けでーす!!
   五分の勝負になってますね〜♪

 
 

・・・

 …残るは5ホールか…
 …くくく…あのZは終盤が弱いことは知っているぞ…
   だが、逆にこちらはいつでもチップイン放り込むチャンスありだ…
   さあ、最後まで同率以上が続くかな…




 
 あっちゃ〜…やっちゃった…
 …愚かな…



 はい、パーです!
   ミスっちゃったわけだし、これで十分だと思いますよ♪

 …俺は常にベストを尽くす…!!



 …先に行かせてもらおう…!!
 逆転になりましたね〜うまいです!!
 …俺の実力はまだこんなものではない…




 …そろそろ決めさせてもらおうか…!!
   短距離ならば俺に外す術はない…!!

 わぁ〜…また入った!!
 …これこそが我が実力…
   前半のリードをつまらぬミスでみすみす逃したことを悔やむが良い…

 …俺は常にベストを尽くしている…
   …負けてもデータに残ればいずれ結果に結びつく…!!

 次行きましょう♪




 無風です!チャンスですよ♪
 …グリーンの手前側には起伏あり…
   フェードで攻めるがよし…

 ナイスオンです!
 …無駄だ…バーディならば俺でもできる…
   勝ちたければそれ以上のスコアで上がってこい…!!

 ナイスバーディです!差は変わらないですね〜(汗)
 
 …新型よ…貴様にもう一度チャンスをやろう…!!
   次のホールで俺はイーグルが決まるかわからぬ…
   勝ちたくば次と18番でイーグルを決めてこい…
   さもなくば、貴様は負けが確定しよう…!!




 …あんなこと言われちゃったけど、大丈夫ですか?
 …成功の可能性は低い…だが、全力で対応している…



 …う〜ん…おしい!!
 



 …決められなかったようだな…!!
   ならば、遠慮なくもらうとしよう…

 ナイスバーディ!
 …もはや俺に敗北はない…!!




 …諦めるが良い…今の俺の前に抵抗は無意味だ!!
 
 ナイスバーディ!旧型さんがそのまま逃げ切りでーす!!



 …ここまで抵抗したことを誉めてやろう…
   …だが、我がコンピューターに勝てる存在などこの世にない…!!

 …俺のデータベースは常に更新されている…
   いずれ貴様も俺にひれ伏す時が来るだろう…




 …フッフッフ…勝負あったようだな…
   …まだだ。まだ性能が足らぬわ…出直してくるが良い!!

 …相変わらず、Z本家のプレイには及ばなかったか…
   だが、そのZにもまだ不完全な点がある…
   …いずれ、リベンジさせてもらおう!!

 …フッフッフ…楽しみだ…!!
   果たしてどこまでの性能アップが図れるか…是非とも見てみたいものだ…
   …いずれまた挑戦させてもらうぞ…!!…さらばだ。




 なんかすごい勝負になっちゃいましたけど、お疲れさまでした!
   今日はずっと一緒させてもらって楽しかったですよ♪

 …ああ。だが、まさか研究所の方からわざわざ刺客を送り込んで来るとは
   予想外だった…
   本家のZの実力はやはり並みの腕前ではない…まだ時間をかけて改良が必要なようだ…

 …でも、あの人…このZの研究所からの人みたいだったけど、
   勝負以外に何か目的がありそうに見えたなぁ…

 …私にもわからん…単に性能を試したかったのか…?
   …あるいは…

 …と、とにかくお疲れさまでした!
   もうじき日が暮れるから急に寒くなってきちゃった…

 …ああ。協力感謝する!!
   いずれまた頼むかもしれんが、その時は頼む!

 はい!!

・・・



 …フン。奴め…わざわざ性能を試そうとは…
   もっともらしいが、私は騙せんぞ…!!
   浅はかだったな…我らにZを預けた時点でZのデータは我らの
   手中にある。大方、己のZのデータベースの更新のためにわざわざ預けたのだろうが
   もはや奴のデータは貴様らのもとには戻らぬ…
   我らには優秀なエージェント2人がいる…
   いずれ分かるときが来るだろう…


・・・



 …おかえり。結果は見ていたわ
 …そうか。なら説明も必要ないな…
   まさか研究所の方から出向いてくるとは…


 

 …研究所の意図も何となく察しがついたわ。
   いずれ、また刺客を送り込んで来るでしょう…
   それまでにこちらもZの性能をさらに上げておきましょう!!
   それと自己学習のプログラムにもプロテクトを仕込んでおくことに
   しましょう…私もZの頭脳の分析をしてみることにするわ

 …そうか。ならば私はよりコースの研究を進めておくとしようか…
 …任せるわ。まずはさくら山で強豪を破らなければ
   研究所も動いては来ないでしょう…


(次編に続く)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



今回は少しストーリー編っぽく設定したかったので、予想外のハプニング編としました。
彼らは闇組織にある人たち…
少しダークな部分を混ぜています。(^^ゞ
単なる勝負物語ではなく、Zをめぐる闇サイドのストーリーです。
尚、キャライメージを極力壊さないようにしてますが、イメージが自分と違うと
思われた方、どうかご勘弁願います…(;´∀`)



≪最初へ

<前へ

タイトルへ