≪最初へ

<前へ

タイトルへ

次へ>

最後へ≫


ひろうち92tトップ > みんゴル日誌 > NEWみんゴル > チャレンジ2018年4月16日号



先週から2週にわたって全国大会「第5回NEWみんゴルカップ」が行われています。
…ということで、今回はその記録もここに掲載しておくことにします^^
先週は予選、そして今週は決勝ラウンドになります!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



まずは、先週行われた予選…
特にギア指定のことが書かれていませんでしたが、今回も成長度「中」
スタンダードギアに制限されるガチ勝負でした。
ちなみに、コースは予想通りインペリアルガーデンで、レギュラーティのデカカップ。

【能力固定】





1番ホールから早速厄介どころでもあるインペリアルガーデン…
ティーショットがポットバンカーに落ちればその瞬間にバーディ不可能が確定する
だけでなく、セカンドショットも確実にピンそばにオンできる保証がない…
最悪、グリーン手前のバンカーに捕まることだってあり、いきなり難所ホールなのです。
現実、このホールでボギーを叩くことだって珍しくありません('ω')ノ
今回はピン位置が奥だったので、寄らずともオンを最優先。
デカカップなのがせめてもの幸い…
まずは順調なスタートとします^^




3番ホールにて…
ティーショットがラフに捕まってバーディはほぼ不可能な状態に…
このコースは距離が長いので、ティーショットがラフやバンカーに落ちると、
ビッグエアーとかカスタムなどで飛距離を強化していない限りバーディが難しいです。
まぁ、こればかりはウッドでショットを打つ限りキックと球ブレが鍵で
運(不可抗力)なので、仕方ないところですが…



6番ホールでも急傾斜の起伏にやられ、カップインならず!
デカカップといえども傾斜がきついと沈めるのは難しいです_(:3 」∠)_



そこそこミスはあったもののOUTは−7とまあまあの結果で折り返し(^w^)/
距離的に見てパー5での2オンは難しいので、実質−9が上限であり、ミラクルでも
ない限りハーフで2桁はないだろうと思います。




続くINですが、14番だけはホールの性格が悪すぎてバーディは至難な業…w(;^ω^)
寄せたいならUBSの成功と正確な風やライの読みが必要不可欠。
ひろうち92tはJI率も平均3割台で、ウルトラスピン狙いはさらにインパクト精度が
狂う素なのでトップスピンで花道からオンだけにとどめました。
しくじれば深いバンカーに落下し、奈落バンカーからでは2オンできない可能性も
高いですからね…
当然ながらパットでバーディを狙うのは厳しく、バーディならずでしたが、このホールは
パーでも良い方の部類のスコアであり(平均打数3.2打)、パーセーブなら良しとします^^




その他のホールはトラブルに遭いながらも着々とスコアメイクが続けられ、
最終ホールまで無事にホールアウト!



トータルスコア−15でフィニッシュ!!
個人的に十分満足な成績です(^-^)♪
目標は−12程度でしたしね…
何しろ距離が長く、事故も多いコースですからw




予選通過は−2以上のスコア…
前回のコラボ大会に比べると、随分予選通過に必要なスコアが高かった気がします。
前回のヴォルテックスの予選の方が鬼畜だったということでしょうか…w(;^ω^)
トップ通過は−21となっており、トップ100で−17といったところ。
−15の腕であればSランク通過レベルでした^^



…ということで、ここからが本番…
今週も練習に打ち込む時間はないと判断し、月曜日の地域対抗戦の後すぐにやりました。
尚、今回はチャンピョンティのノーマルカップ!
能力の縛りは成長度「高」のスタンダードギアに固定。

【能力固定】




ティーがチャンピョンティになることでトータル距離がさらに延びますが、
キャラの成長度も「高」設定となっているので、まだ辛うじてパー4でもバーディを
狙っていけるレベル…
…とは言いつつも平均的に500Y超のパー4ばかりなので、セカンドもウッドを使う
ことが多く、JIできないとブレによってバンカー行きなどざら…((+_+))
最終的に運に左右される可能性が高く、どこまで記録が伸ばせるかは運にも
左右されそうです。
とりあえず、1番は無事に突破したものの…




3番ホールでは予選の時と同様、ティーショットをラフに入れてバーディを逃したほか…




ショートホールでもことごとく…(;´∀`)
バックスピンだとブレが怖いので、トップスピンで攻めざるを得なくて
250Yくらいあるようなパー3では寄る方が奇跡のようなものですからね…(;´∀`)
ここのグリーンは起伏が大きいからパーセーブがどうにかのホールが多いですw



まずはハーフ終了。
結果はまずまずといったところか…
しかし、INはまた手強いホールが揃っているので、果たしてどこまで記録が伸ばせるのか…




とりあえず、この条件でイーグルを取れる可能性があるとすればこのホールくらい…
手前の土手にぶつけてオンさせるよう積極的に攻めてみましたが、お約束の98%で
グリーン手前のマウンドからガードバンカーへ…Ω\ζ°)チーン
ここは左ではなく右にぶれたりキックすると、池に行くので、それに比べれば
まだバンカーで良かった所でもありますが…w(;´∀`)
まぁ、イーグルを狙った時点で確実にバーディの道も捨ててますから、いいんですが…w




14番ホールも手前のマウンドから左側にキックさせてオンさせるという無謀な挑戦を
したわけですが、今回は見事なまでに読みが当たり、バッチリピンそばをキープ!
正直、寄ることまで期待してなかっただけに儲けものでした(∩´∀`)∩
バーディの超難しいホールでバーディというのは嬉しいものですw(^^ゞ




16番は元々2オン狙いの対象からは外れたホール…
ただ、セカンドショットをラフやバンカーに入れると、3オンが難しくなるだけに
セカンドのショット成功は肝となるホール…
セカンドのブレやキックが一番気になる所でしたが、今回は変な場所には落ちずに
無事にバーディでホールアウト!
ここも平均打数が5打近い難所中の難所ホールだけに個人的にはバーディでも御の字^^




そして、18番…
ティーショットで300Yくらい飛ばしてもまだ200Y以上残るホールで手前はバンカーという
いやらしい構成…(;´∀`)
ただ、今回はカップ位置が奥にあるのがせめてもの救い…^^
トップスピンをかけてランでグリーンの傾斜を上らせる方法で攻めて行きます。
読みは的中し、2オンさらにピンそばもキープ!
無事にバーディでのホールアウトとします('ω')ノ




…ということで、−15でのフィニッシュ!!
自分にとっては予想してたよりもはるかに良い結果だったので特に何も言うことは
ございません…(^^ゞ
INでパーを叩かなかったのは奇跡に近いですね…^^



≪最初へ

<前へ

タイトルへ

次へ>

最後へ≫