≪最初へ

<前へ

タイトルへ

 

 


ひろうち92tトップ > みんゴル日誌 > NEWみんゴル > チャレンジ2019年1月21日号



今週は休日出勤があり、土曜日の夜にイベント参加が出来なかったため、
イベント編やコミュ編はお休み…m(_ _)m
…ということで、久々にチャレンジ系ネタの更新です。
正直言うと、個人的に記録なんかに興味ありませんw
ただ、世間様には世間様の見方というものもある…(;^ω^)
みんゴルファーの実力ランク付けなんかも残念ながら記録をもとに考えられていることが
多く、これがイベント発案者の重要統計となることもよくあるので、
少しは協力しなければ…w(;^ω^)

…ってことで、このあたりでガチ成績には決着をつけてしまいましょう!!

今回は色物おふざけ一切抜きで、ガチ記録の穴埋めに専念します。



…ということで、今回はマイキャラ設定は全て高ガチ設定に固定
また、ガチ設定で空いている穴は結構たくさんあり、これを納得いくまで記録更新を
狙うのは絶対に時間的に不可能…
…ということで、とりあえず今回はスコアには目をつぶり、一発勝負の記録穴埋めに
専念しました。

(※ カップはノーマルカップが精一杯のためチビカップは対象外)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

普段意図的にチャンピョンティにチャレンジすることは少なく、
ましてそれがガチ設定ならば猶更のこと…
当たり前ですが、チャンピョンティは記録の入っている方がむしろ”穴”で、
大半を埋めなければならない状態でした。
チャンピョンティの18ホールの記録は10コースとも丸々記録がない状態だったため、
とりあえず、最後にガチ設定のストロークマラソンでもやって埋めることにして、
それ以外の場所を力作業で埋めていくことにします。

















まずはストロークマラソンで埋める場所以外の30レギュ(270ホール)を一気に潰しました^^
意外にもレギュラーティとバックティは18ホールのレギュは全て埋まっており、
時間を思ったほど取られずに済みました^^
全国大会だとかイベントだとかで知らず知らずのうちにプレイしたんでしょうね…^^
まぁ、秋ヶ瀬なんか特にべらぼうに荒れたレギュもありましたが、希望なんか聞いてる
時間の余裕もないため、とりあえずこれで締めてしまいますw(;^ω^)
コース自体がイヤミに出来てるので、極端な話何十回やらないとも限らないですしね…




…ということで、最終的に残ったチャンピョンティの10コースx18ホール…
これをストロークマラソンで埋めます。
…今回、途中でキャラが変わっていますが、能力は全く同じになっているので
(高ガチ・スタンダードギア)、同一キャラ(ひろうち92t連合リレー)としました。
心置きなくキャラを好きに変えられるのはNEWみんゴルのシステムの
良いところかもしれません^^
旧作ではキャラクターごとに能力が異なっていたため、54ホールラリーとか合計スコアを
競うゲームでは嫌でもキャラを固定する必要がありましたからね…(;^ω^)

【イーグルシティ】



特に大きなトラブルはなし。
1番、2番はまだ60Yは残るので、イーグルは難しいでしょう(゜_゜)
ミスと呼べるのは5番のティーショットと13番の短いチップ失敗くらい…
5番に関しては運という不可抗力が大きいため、ある程度仕方ないところ…
特にこのホールはティーショットに成功し、フェアウェイをキープできたとしても
ドライバーでバンカーの向こうにあるグリーンのピンそばを狙う必要があるため、
成功率も低く、あまり期待はしていませんでしたw



強いて言うなら13番…
絶好のチャンスでありながら、ピンにも当たらず、クルクルにもならずにカップに
蹴られたのが悔しかった点でしょうか…
ただ、他のホールはノーミスで自分にとっては奇跡に近い出来だったので
1回のミスくらいは想定の範囲であり、気になるほどでも…^^


【アルピナフォレスト】



アルピナフォレストは一番予想外だったのが2番ホール…




トータルホール長が270Yもあり、パインヒルズを除けばNEWみんゴルでも最長のホールで
ホールインワンが出ましたw
一番出るはずのないと思ってたホールなだけに「はい??('Д')」って思いましたw



6番、12番、18番でミスをしていますが、大体いつもこの辺りはアルピナでも
荒れることの多いホール…
6番なんかセカンドもドライバーショットが必要ですし、12番でも事故リスクが高く、
ピン位置によっては寄せるのがとんでもなく鬼…
18番もクリークを越えなければ2オン不可能で、風向きも悪かったので最初から
ティーショットをクリーク手前に置き、2オンを放棄してました^^
このあたりも大方予想通りの結果です。



むしろ、14番で「よくこんなのが入ったな…('Д')」と思うくらい…w


【カナロアビーチ】



カナロアはとりあえず大きなトラブルはなかったものの良かったと思える要素もなし。
2番ホールはどうしてもティーショットが長くなるため、水切りを狙ってオンさせようと
すると、バンカーに足を取られる…



カップが奥の時はウルトラバックスピンが理想なんでしょうけど、
今日は全体的にJI率が低く、ブレによるリスクがあまりにも高すぎるため、
無難に行った結果でもあります(*´▽`*)



14番は最近は最近は岩のアーチ下のルートを行ってません(゜_゜)
左のルートの方が期待値が高いので、ルートを変更したのです。
ただ、こちらはガチ設定だとフェアウェイを逃した時点で確実にバーディは
狙えなくなります。
今回はまさにティーショットのブレでそれが起きてしまい、パーを余儀なくされました。



15番はピン位置が最悪だったので、右トップサイドで攻めて安全策をとりました。
「最悪パーでもやむなし」だったのですが、意外にもちゃんと決まってくれたホール…


【ヴォルテックスバレー】



ヴォルテックスバレーはチャンピョンティになるとパー5が特に距離が長くなり、
ガチ設定でのイーグルがかなり難しい…
パー5は見事に全滅でしたw
まぁ、9番はそもそも崖越えが距離的に厳しそうだったので狙ってもいませんがね…



ロングショット2発での2オン狙いは運に左右されることが多く、
まず非ジャスるともうあとは完璧に運次第…
恵まれなければ普通に大ブレでラフに落ちたり、最悪OBにもなります。
ヴォルテックスはその地形上、OBゾーンが多いため、フェアウェイの外側はペナルティを
受けない保証がない…
逆にここは「事故にならなかっただけましと考えよう」です(;´∀`)


【インペリアルガーデン】



インペリアル…
飛距離がないとフェアウェイ脇やグリーン近くにあるバンカーに苦しめられるコース…
ティーショットをバンカーに入れてしまうと、死亡フラグが立ってしまうようなもの
なので、特にチャンピョンティはスコアが不安定…



距離が長く、ロングショットを使う機会が多いため、ショットインパクトが狭くなりがち…
結果、いつもの天然で自滅することもあったラウンド…(∩´∀`)∩
9番、11番あたりは狙おうと思えば狙えたはずですが、どちらもインパクトが
不安定だったため確実に刻んで行きました(;´∀`)



距離が長いせいもあって特にパー4は必ずフェアウェイのキープが保証できないコースの
ため、ティーショットで距離を稼いでおきたい志向が強く、
全力攻めをするホールが多かったものの、当然ながら地雷を踏むケースも多く
スコアは見事に荒れましたw


【グリーンカントリー】



グリーンカントリーは比較的スコアの安定してたコース…
難易度はレギュラー〜チャンピョンまで極端に難易度は変わらず、レギュラーティで
−22で回れるならチャンピョンティでも十分同じスコアが狙える仕様です。



10番で唯一ミスをしていますが、このコースはティー位置に関係なく、
グリーンは起伏があって難しい仕様なので、寄せられなければパット逃しの1発や2発は
ざらにあり、これもある程度予想はできてたこと…(;´∀`)
そもそも、18ホールすべてで上手くいくとなんて思っていませんw(まして一発勝負で)


【しおさいカントリー】



パー3が結構鬼仕様なしおさい…
今回もパー3の7番と16番にしてやられた感があり、どちらも非ジャス→鬼ブレ
→ラフに落ちる
から来たミスで避けようのなかったミス…(;´∀`)



そもそもパー3はストレートにグリーンを狙う以外の道がないため、
トップスピンでの寄せの通用しにくいホールはもろにインパクト精度と運に左右されて
しまいます…( ;∀;)



ちなみに、17番でロングショットが決まり、ミスを1つ帳消しにできたのが救い^^
ノーミスではなかったものの大きな不満点はなし。


【ナムロンベイ】



ここから先の3コースはいずれも苦手で、
NEWみんゴルで嫌いなコースワースト3!!w( `ー´)ノ
とにかく計算ずくの戦法が通用しにくく、特にジャストを外すと、理不尽なキックだとか
何かで事故がざらにある特徴があります。
その3コース最初のナムロンですが、早速1〜3番で水没w



いずれもペナルティを取られるウォーターハザードではなかったものの
特にパー4や5はティーショットで落ちるとバーディは諦めざるを得なくなるし、
3打目のグリーン狙いもロングショットで寄せる難しさのため、パーも難しい状況…
チョットしたキックや球ブレでこれが起きてしまうため、プレイの度にスコアが
大きく左右されてます(;´∀`)
出来る時はできてるんですが、荒れる時はひどく荒れてますw



中でも理不尽なキックを見せてくれたのが17番…Ω\ζ°)チーン
下手にバウンドさせようとすると、池の方に蹴りだされるという…
しかもこのホールのカップはやたらと左手前側にピンがあるという意地悪さで
チャンピョンティ以外でも、結構ペナルティを取られているホール…
安定したスコアを取れるのはいつの日か…(;´∀`)


【パインヒルズ】



次の超難所、パインヒルズ…
このコースもオンラインではだいぶ攻略が進んできており、18ホールだと−20レベル
の自己ベストの持ち主が結構出てきてますが、やっぱり厄介なものは厄介…(;´∀`)




絶対にJIをミスってはならないような場所もあり、3番もまさにそんなホール…
ドライバーは握りたくなかったし、5WだとSTSでなければ水没の危機…(;´∀`)
結局、フェード+SBSで攻める手段を取ろうとしてジャスミスw
案の定、逝きました^^



そこから先は危険な賭けをしなかったからでもありますが、ある程度はスコアを
上げてノーボギーのまま進みます。




15番では本日2発目の「ありえないと思ってたホールでのホールインワン」w('Д')


【秋ヶ瀬渓谷】



とんでもなく荒れるコースの代表格でもある秋ヶ瀬…
もちろんこのコースを楽しんでる方もいますw(;^ω^)
でも、個人的にはここは極力プレイのしたくないコース…
ジャスろうがどんなに安全策を考えてようが、その予想をはるかに超える事故だとか
鬼のような傾斜のグリーンの先に待ち構える深いバンカーとか「運営はよっぽど
スコアを取らせたくないんだな…」
と思う仕掛けが盛りだくさんのコース…(;´∀`)
メンタルの弱い方は絶対にプレイしてはいけません^^
多分5分で発狂しますw(;´∀`)




3番ホールにていきなりの大事故x2発wΩ\ζ°)チーン
OBの扱いなので、何度でも打ち直し…底なし沼です。
強く打って跳ね返されると、場所によってはグリーンの縦幅が狭く、手前に戻って
来すぎる場所もあるらしい…
グリーン左側はまだいいんですが、右側にピンがある時は相当リスクが高いようです。
早速予期しなかったトラブル…('Д')




7番ホールは予想外のチップインで儲けものだったホール^^
まぁ、ミラクルの1発や2発起きたところでそれを遥かに超える打数オーバーすることも
ざらなので、借金を巻くことは不可能ですが、とりあえず大叩きせずに済んだだけでも…w



16番…
後悔しかないホール…下の方にある島など狙うんじゃなかった…orz
水切りを見込んで打ったものの連続非ジャスで水没2発…
結局丘の上側を狙って攻める3オン狙いに変更。
しかし、そこでの3オン狙いルートからもまたグリーン周りで右の池へと突き落とされ…




まぁ…酷かった酷かった…\(^o^)/オワタ
ここは泥沼化しやすいホールの1つでもあり…
レギュラーティやバックティならば迷うことなくティーグラウンドから右のラフの島を
狙うんですが、チャンピョンティは大岩が目の前に立ちふさがっているため、
狙うことが出来ず崖の上か下の小さなフェアウェイの島狙いになるわけですが、
確実に行きたいならレギュラーティのティーグラウンドに1打目を落とし、2打目からは
レギュラーティと同じ攻め方でいいんじゃないかと…w(;^ω^)
確実にバーディ〜パーになりますが、その方が泥沼化せず行けるという思いすら
ありますw(;´∀`)
ふと期待値ははるかにそちらの方が高いと思ったんですよね…



このホールは上はアルバトロスまで出ているんですが、一方で荒れている時は+7とか
8とかとんでもなく荒れるので、平均打数は5打を超えており、ここの出来が最終結果に
もろに影響してくるのです。レギュラー・バックはある程度安定してきましたが、
チャンピョンは毎回大荒れもいいとこなので…



17番…セカンドがガサってショートしたもののまだ狙いやすい位置に止まってくれた
分、分が良くパーセーブはキッチリできたホール…
このホールはオンしないよりも下手にオンする方がよっぽど災難ですからね…



↑ 下手にオンしてしまって泣きを見た例

…ということで、ひろうち92t連合の記録は−146!!
やっぱり終盤コースに苦しめられた感が強いです。



そして、これでガチスコアの表もいったん完成。
不本意な結果が入っている場所もありますが、これは時間をかけて修正していく
ことにして今回は締めとします!!
ありがとうございました!!( `ー´)ノ



≪最初へ

<前へ

タイトルへ