≪最初へ

<前へ

タイトルへ

 

 


ひろうち92tトップ > みんゴル日誌 > NEWみんゴル > チャレンジ2019年9月9日号



台風接近中で急に天気が不安定になってきました。
今週はイベント編の若堀コンペネタが表示バグで順位が特定できないのと
自分のプレイにおいては人様にお見せできるような結果出なかったため、書くことがなく
お休みとして、チャレンジ編を久々に更新しました(;´∀`)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



先日、ようやくショップのお楽しみボックスがコンプリートされました!
「…今更?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも対戦部屋を
ほとんどやっていない人間にとっては結構手間のかかる作業ですし、
地道にコツコツオープンコースでコインを集め続け、デイリーに挑戦し続けてようやく
一つの目標が達成された形でした(∩´∀`)∩ワァイ♪



…ということで、次なる目標はコインの枚数999,999枚w(´艸`*)
まだ数か月かかりそうですが、これはまたこれで1つの目標として…(∩´∀`)∩
現在の枚数451,525枚也…(¥)(¥)(¥)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




前回のチャレンジ編記事更新後からわずか数日後の事ですが、
21回目のアルバトロスが出ましたw('◇')ゞ
ちなみに、今回はパー4エースによるもの。



アルバトロスはすでに22回出してますが、実はパー4エースは今回が初めてw
(パー5ですら出したことあるのにね…w(´艸`*))
パー4以上のエースというのは100%運次第なので、その人の運の良しあしでだいぶ
変わってくるものだとは思いますが…
イーグルシティの1番とか2番では際どい線に行ったことはありますが、決定的な
ものは一度もなく、今まで来ています。
もちろん、初だったので上書き禁止にしましたが…(´艸`*)



…ところで、そのデイリーの上位にいる方々について考えてみました^^
デイリーを毎日やっている方はご存知だと思いますが、デイリーに常に上位にいる方は
大体決まっています。
TOP100を見てみても大体いつも同じ名前が上位を独占している状態なのです。



このゲームの面白いと思うことはそれぞれの人の総ホールアウト回数やスコアの獲得数
ガチ成績の記録…など、様々な情報が見られる点。
例えば、上の写真の方はデイリーでいつも上位をキープしている方です^^
さぞかし徹底的にやりこんでるんだろうな〜と思いつつ見てみると意外と自分と
大差のないラウンド回数であったりするもの…(;^ω^)




これは先ほどの方と自分のプレイラウンドの比較をしてみたものですが、
ラウンド回数は約3倍の開きがあります。
…にも関わらず、バーディの獲得回数は大差がありませんw(;'∀')
でも、イーグル以上のスコアは回数に比例するように大きな開きがあり、
特にアルバトロス以上はそれ以上に顕著な開きがあります(;´∀`)


↑ ガチベストの比較をしているところ。上が比較したい相手、下が自分のスコアとなっています

ただ、ガチ成績のスコアを比較してみると部分的には勝てているところもあり、
「もし同じ回数・同じ条件でプレイしていたならばいい勝負になるんじゃないか…?」
…と思えるところもあります。
リタイアしたものに関しては残念ながらわからないため、一概には言えませんが
潜在的な回数も含めると、そこまでガチ勢同士の成績比較は大差がないのかもしれません。




あとは、人によってだいぶ力を入れてる箇所が違うということもわかります^^
例えば上の写真の方…
こちらの方はホールアウト回数が尋常なじゃないですw
JI率もおかしいと思うレベル…多分、カスタム+TJIを使ってのプレイかもしれませんが、
トリプルジャストは入手が非常にレアなボールのため、この回数の説明ができない…
スコアを見ると、バーディとイーグルはカウンタが完全に振り切れている状態ですし
、 アルバトロス以上のスコア回数も異常…(ΦωΦ)
多分、やり直しも相当やっているんだと思います。
ただ、ガチベストの記録を比較するとこちらの方が優勢という状態…w(;´∀`)
人によって力の入れどころが違うと思うもっともな理由です^^

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




…とあるブログ読者の方とツイッター上で話をしていて話題となったのが
ガチカスタム+トリプルジャストでイーグルシティのRTのトルネードカップで−45が
取れるかという話…
実際にこれを試してみましたが、普通の人にはまず無理だろうと思います。
おそらく−35〜38くらいが限度でしょう(;^ω^)
上のイメージの結果になるプレイも結構やり直しましたし、6の頃のトルネードと違い
非常に狭いエリアにピタッと寄せなければ今作は入らない仕様なので、
基本的には下記の4つを満たせなければ−40以上は無理だと思います。

・ 100%に近いJI率(トリプルジャストが惜しくなければボールでカバーできる)
・ 徹底した弾道研究
・ ショット時にボールがブレない強運
・ 何百回も連続で失敗してもめげないメンタルの強さ



↑ チャレンジしていると全般的に言えることですが、風向きや%の引き、ブレ次第でこういうのもざらにあるのがこのゲーム…

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



カスタムクラブはこれまでに何十本と作ってきましたが、実は凶吉に仕事を依頼
したことはそんなに多くありませんw
大半のカスタムは役目を果たしたらあとは大吉の強化だけでお払い箱になるのですw

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




ツイッター界隈でまた頭のおかしい遊びが流行ってますね…w(;´∀`)
秋ヶ瀬のチャンピョン・チビカップを低成長ガチで回ってノーボギーを目指すというもの…
せっかくのネタなので試してみましたが、初挑戦の結果は散々たるもので…
半分以上が青いスコアだし…(´▽`*)アハハハハハ…w
…というか、ノーボギーよりもノーバーディの方が一般的ですねw
ただ、それでもこの畜生コースをできる限り頑張ってみましたよ…(;´∀`)




どうにか納得のいくところまでスコアを上げたところ…
マジでメンタルが折れそうですが…w_( _´ω`)_ペショ
ちょっとでも引きが悪かったりすると大事故待ったなし!ですからね…
ただ、INの数ホールはホントパーで上がるのも至難な業…
特に10番、12番、14番、17番はまず2オンがあり得ないので、3打目が変な場所に行くと
それだけでパー不可能ですからね…
ちなみに、16番・18番はアンプレワープテク(※)を使いましたw(;´∀`)

(※ 特定の場所でアンプレアブル宣言をすると、
 何故かグリーン近くにドロップできる謎現象。
 1打損失になるが、条件の悪いライだと1打を捨ててでもその方が得なこともある。
 ちなみに、9番でもこの技が使える箇所がありますが、低成長では無理っぽい…)




≪最初へ

<前へ

タイトルへ