≪最初へ

<前へ

タイトルへ

次へ>

最後へ≫


ひろうち92tトップ > みんゴル日誌 > ポータブル > ゴールデンデザート編



今回はゴールデンデザートになります。
かつての攻略時代、この辺りから急激に難しくなった印象が強くあります。
実際に考えてみるとポータブル1のゴールデンデザートはポータブル2の
ゴールデンデザートに比べて難しくできているように思えます(`o´)>


↑ P2にもあるゴールデンデザートだが、OBゾーンやバンカーの面積はP1の方が大きく、難しめにできている

そんなわけで、なかなか記録更新が難しかったりするわけですが、
どこまで記録が伸びるかについては今のところ不明…
そんなわけで、今回も各ホールごとに徹底調査を行い、実際の攻略パターンの
記録を作ってみることにします^^
また、高難易度になってくる今回からバーディ難易度(イーグル難易度)と
自分の平均打数、そして、リスク見極めのためワーストスコアも
掲載することにしました(^^ゞ

【1番ホール】


バーディ難易度
平均打数2.94打ワーストスコア

砂漠の中に作られたコースというだけあって、その大半がバンカーで構成されています。
木はそれほど多くはないので、フェアウェイをはみ出さないように注意したいコースでも
ありますね…(^^ゞ
まぁ、これはこのホールに限らず、ゴールデンデザートではすべてのホールで同じこと
が言えますが…(゜-゜)
さて、スタートとなる1番ホール…
このホールはほとんど一直線なパー4…
基本的にはバンカーの左を攻めていくことにしています。



上の写真あたりをターゲットにトップスピンをかけて打ちます。
ミュウの場合はフォローや横風…それにアゲンストでも4m以下の場合にはこの
ターゲットのまま打ち、アゲが5mを超える場合にはバンカーの右側を
ターゲットとします。
尚、サギリ以上のキャラの場合はターゲットは全員同じにしています。



セカンドは110〜130Y程度のため、ショートアイアンでアプローチ。
グリーンはそれほど起伏は激しくないのでバーディは取りやすいホールです^^


【2番ホール】

↑ いきなりの難所ホール…狭いグリーンがプレイヤー泣かせ…

バーディ難易度
平均打数2.89打ワーストスコア

序盤からいきなりの難所となるホールの2番ホール…
盛り上がった孤島のような丘にあるグリーンで、少し広さも狭く作られているため、
かなりオンさせるのが難しいホールです。
中心から外側に向かって傾いているため、確実にオンさせたいところですが、
グリーンまでの距離もかなりあり、ミュウの場合はロングアイアンが必須…
JIしてSBSがかかるか否かで大きくオンの成功率が変わります。
JIしてSBSをかけられなかった場合、手前のカラーに跳ね返されて手前側のラフに
落ちるかバンカーに落ちるか…はたまたキャリーで届くパワーで打つとオーバーして
奥のラフもありえます。



また、風の影響も意外とバカにならず、読み違いがあるとJIしても
こぼれる恐れがあります。
ゴールデンデザートはオリーブコーストまでと比べると、7〜9mの強風が吹く
可能性が急激に高くなっており、天候条件にかなりスコアも影響を受けます。
風の影響は無視できなくなってきましたね…
オンさせてもグリーン上は平らな場所はほとんどないため、ベタピンにしないと
かなり難しい印象…それほど急傾斜ではないのがせめてもの救いでしょうか…



加えてコントロールを犠牲にしている分、ブレもあり、風の読み違いと
不幸な偶然が重なるとボールが崖下へ落ちてしまうようなケースもあります。
ピン位置が左の外れの方だと特に注意が必要ですね…((+_+))


【3番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度
平均打数3.11打ワーストスコア

ゴールデンデザート最初の1オンイーグルの可能なパー4…
距離的にはミュウだとフォローの助けが要りますが、オンが狙えるという意味では
かなり貴重なホールです(^^ゞ
フォローが4mの時には1オンが可能でした。
ポイントはトップスピンでショットを打つこと。
これが一番、成功率が高い気がしました^^


↑ ミュウではフォロー+トップスピンが必須ですが、サギリ以上のキャラはバックスピンでもオン可能

当初、STSの方が確実かと思っていましたが、数十回試してみてあることに
気が付いたのです…(゜-゜)
それは…

パワー率はSTSよりもふつうのトップスピンの方が100%を引きやすい

…ということ。
ポータブル限定(P2は不明)だと思いますが、こんな傾向があるためにSTSでは99%で
オンに失敗するばかりか手前のバンカーにはまったりしたことも多くありました。
それ以来、むやみにSTSをかけるのをやめ、トップスピンに甘んじるシーンも
多くなりました。
ライジングなんて滅多にないことですしね…(^^ゞ
また、1オンが無理だった時も場合によってはアプローチでチップインが狙えるので
最後まであきらめずにチャレンジするのも有効な気がします^^




【4番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度
平均打数3.17打ワーストスコア

ゴールデンデザート最初のロングホール…
ドッグレッグになってますが、林ではなく、バンカーなので弾道は気にせずに思い切り
攻めることの可能な構造をしています^^


↑ 実際はかなりの打ち下ろしになるので、ミュウでも向かい風4m以下なら実は届く

サギリ・キャサリン・アンジェラの3人は上の写真のポイントをターゲットに、
あとは風向きによって多少方向を調節します。
ミュウの場合も狙いどころは同じですが、思い切り攻められるのは風向きが
横風やフォローのとき、そして、アゲンストの場合は4m以下の場合に
限られます。
ミュウ〜キャサリンはトップスピンで打つようにしています^^
(アンジェラはバックスピン)


↑ 狙いどころが右にズレすぎるとかえって危険。1打目はバンカーを正面にする辺りで良い


↑ アゲが強い場合は、右の小高い丘のフェアウェイに落とし、ロングショットで2オン狙い

このショットが成功すると、グリーンまでの距離は150Yを切るため、比較的簡単に
2オンも狙えます(^^ゞ
あとは風の読みだけが重要となります(^−^)
ここもイーグルの敷居は低めなホールで、アルバトロスも何度か出たことのあるホール。




【5番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度バーディ難易度
平均打数3.33打ワーストスコア

比較的短めなパー4…
当然、ロングヒッターはショット次第で1オンが狙えます。
ただ、手前はかなり砲台型になっているため、ミュウではフォローが強くても
あと一歩及ばずでした。
…というわけで、ミュウは1オンをあきらめ、順当に2オン狙い。
サギリ以上のキャラは条件次第でイーグルを狙います。


↑ サギリの場合はフォローが強い時限定でドクロショット!1オンが可能。

サギリは特殊なショットが必要ですが、風向き次第ではキャサリンやアンジェラの
場合にはSBSでも1オンができるため、イーグルが基本に近くなるかもしれません(^^ゞ




【6番ホール】


バーディ難易度
平均打数3.83打ワーストスコア

意地悪ホールその2…
ここのホールもバーディを逃しやすい問題のホールになります。
ゲートのあるホール中央を挟む形で左右にフェアウェイがあります。
左と右のルートがありますが、オススメだと思うのは左ルート…



右ルートはグリーンを横から狙う必要がある上にグリーン手前はクリーク…
さらにティーショットで木を迂回するなどテクニックが必要で、
ミスをするとトラブルの原因になりやすいため、個人的にはあまり好きではありません。
左ルートは傾斜地からのショットとなりますが、若干ましな気がしています。
また、このホールのグリーンは結構鬼畜な構造で、カップの左側(右ルートから見た時の奥)
が外側に向かって大きく傾いています。
できるだけグリーン中央を狙いたいところです(^^ゞ


【7番ホール】


バーディ難易度
平均打数2.44打ワーストスコア

グリーン手前が小高い丘になっている山越えのパー3…
風がない時はほとんど気になりませんが、フォローが強い場合には少し厄介になる
ホールの1つです。
他の風向きならばオン自体はそれほど気になるレベルではありません。


↑ グリーンの起伏は大きめな方なので、オンさせても油断は禁物

ただし、このホールのグリーンはかなり傾斜は大きめに作られており、
オンさせたとしてもロングパットにしてしまうとかなり苦しめられることに
なります。できる限りオンさせるだけでなく、
ピンそばをキープしたいホールの1つです。


↑ フォローの場合、弱くてSBSにも失敗すると山でキックし、グリーンで止まらなくなる


【8番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度
平均打数3.94打ワーストスコア×

ホールのフェアウェイの形状が8の字形をしているホール。
中間地点のくびれた場所を狙いたくなりますが、この場所はあまりよろしくないルート…
もちろん力のなかった初期の頃は中央を狙っていましたが、記録アップを狙うなら
もっと先を狙いたいところ。
狙うルートは2つありますが、個人的にやりやすいと思うのは右ルート。


↑ 距離を稼ぐ左でいくか、アプローチしやすい右で行くか

理由は左ルートの場合、距離は大きく稼げますが、セカンドショットで木に接触
しやすくなります。
パワーアップのため、コントロールがかなり犠牲になっているので
ブレも無視できません。
ティーショットは毎回ライのキックや風向き、キャラクターの球ぶれなどで
こればかりはどこまで転がるかは運次第です。
比較的避けやすいポイントに落ちてくれれば良いですが、当たる可能性の高い
ポイントに落ちてしまうと、危険な目に遭う恐れがあります。
当初は左ルートで行っていたもののリスクが高いことに気付き、右ルートに変更。
現在に至っています。


↑ 木に接触してしまうと、ほぼ間違いなく池ポチャ…1打1打を大切にしたいラウンドでは致命傷…

私自身この手の運に左右されるランダムプレイが大嫌いで、
確実に行ける右ルートの方がはるかに魅力的に見えるわけです^^


↑ 右ルートは邪魔な木に当たりにくい構造なのでダイレクトにピンそばを狙いやすい


【9番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度バーディ難易度
平均打数3.78打ワーストスコア

激しい打ち下ろしになっている9番ホール…
パワーがあるとつい飛ばしてみたくなるホールですが、
厄介なのは点在するバンカーの存在…
そのため、ある程度キャラクターごとに落とし位置を決めておいた方が良さそうな
ホールであります。
基本はトップスピンボールで攻め、ボールを転がしますが、ミュウとサギリはパワーは
使いません。340Y地点あたりのバンカーに落ちる恐れがあるためです。
(サギリはフォローの時はパワーも加減しています)
キャサリンやアンジェラはパワーを使い、さらに先を狙ってもいいでしょう^^
グリーン手前あたりまで運べます。



さて、このホールの最も大きな問題がグリーンの起伏…
このホールはグリーンの起伏が非常に大きくできています。
2m以下のパットでさえパットする方向によっては細心の注意を払います。
実際それで外したこと数知れず…(-_-;)
ロングパットにしてしまうと、1発で沈めるのはほぼ不可能です。
強風の時はかなり難易度の高いホールになることは必至…
バーディ逃しの非常に多い難所の1つです。


↑ アンジェラの場合、フォローが強い場合にSTSを使うと運次第では1オン可能。ただし、イーグルは奇跡に近い…


【10番ホール】


バーディ難易度
平均打数3.33打ワーストスコア

距離の長めなパー4の10番ホール…
エジプト文明のアブシンベル大神殿の入り口を思わせる巨像が印象的なホールです。
パワーのあるキャラは飛ばせるところまで飛ばした方が有利になるでしょう^^
理由はカップ位置は3つありますが、いずれもグリーンの奥ばかりで、
その先はバンカーになっているので寄せるにはできるだけクラブの番手を
下げたいところでもあります。
1オンはできませんが、それでもパワー重視のキャラが有利です。


【11番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度
平均打数4.22打ワーストスコア

神殿の柱がそびえ立つ11番ホール…
2オンを狙う場合、この柱を迂回しなければならない場合もあります。
どのキャラも基本的にはフェアウェイの方を飛ばせるところまで飛ばしてから
セカンドショットは方向転換をし、グリーンを狙う攻め方をします。
ただし、風向きやキャラクターによって1打目の落下地点は大きく異なるため、
柱のかわし方もさまざま。



JIしないとボールはどこにオンするかわからないため(下手するとバンカーの恐れも…)、
特にセカンドショットのJIはすごく大事だと思います。
このホールはグリーンの傾斜も結構あるので4〜5m離れているとオンする場所にも
よりますが、1発で沈めることが難しくなってしまいます。
ここで安定してイーグルが取れると、かなりの腕前です(^^ゞ


【12番ホール】


バーディ難易度
平均打数3.27打ワーストスコア

特に何の変哲もないパー4…
ピラミッドの間を川のような形でフェアウェイがありますが、
やや細長いのでインパクトミスなどをするとラフに落とす可能性もあります。
コントロールも重視されますが、320Yくらい飛ばせた方がフェアウェイキープ率は
高くなるだろうと思います^^
注意したいのは強風が吹いているとき。
セカンドは基本ウェッジでショットするので風の影響が強く、
グリーンの起伏もそこそこあるので出来る限り寄せたいところ…
つなぎが重要なホールです。


【13番ホール】


バーディ難易度
平均打数2.44打ワーストスコア

スフィンクスの像がたたずむショートホールの13番…
特に大きな特徴はないもののピン位置が右奥の時はやや強めに打った方が得策。
手前側はグリーン手前のバンカーに向かって急角度で傾いているので
オンさせたと思ってもこぼれ落ちてしまうことはざら。
一番厄介なのがフォローが強めに吹いているとき…
オーバーも危険なため、弱めに打ちたいところですが、弱すぎてもSBSミスで
手前のバンカーに落ちる可能性大。
ここもJIの成否がスコアを大きく分ける難所ホールです(`´)


【14番ホール】


バーディ難易度
平均打数3.50打ワーストスコア

またしてもクセのあるパー4…
ちょうど第1打目の落下地点あたりのフェアウェイがくびれており、
挑戦者を拒むトラップのようになっています。
山側も谷側もOBゾーンで、フェアウェイ中央を外せば外すほどOBになりやすい
シンプルな構造…
リスクを避ける意味では手前にとどめた方が賢い選択でしょう(^^ゞ



ただし、これだと2オン狙いをした際ロングショットになるのは必至で、
JI出来なかった場合カップまで届かない可能性も高くなります。
このホールのグリーンは3段構えになっていて中段にカップがある場合に
下段にオンさせたとしても難しいパットを残すことになります。
こうなってしまうとバーディは厳しいため、記録狙いの場合はOBも覚悟の上で
思い切りショットする方がいいと思います^^


↑ 球ぶれや風の読み違い、インパクトミスなどをすればOBの恐れも…ただし、成功すればほぼ確実にピンそばを狙える


↑ ミスをしたり運が悪いとこんなところに落ちることも…こうなるとどうしようもないのでパー狙いで。15mパットで横に出します。


【15番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度バーディ難易度
平均打数3.78打ワーストスコア

池を挟むような形状をしている15番ホール…
池を回り込むようにショットして2オンが基本のホールになりますが、
ミュウでも1オンは可能なホールです。
ただし、今回は岩場が崖になっていて水切りテクが使えないのでSBSでダイレクトに
オンを狙うことになります。


↑ 天国か地獄か…ミュウだとJIの成否が1オンの成否も同時に分ける

ミュウの場合、パワーを使ってフルショットでギリギリグリーンに届く程度…
従って、プレイヤーのJI率が非常に重要になってきます。
フォローが強い場合には失敗しても届くこともありますが、基本的には
JIをミスった場合は池に落ちると見て間違いないと思います。
実際、失敗したときは全滅しました。


↑ ただし、1オンに成功したとしてもイーグルはかなり難しい…

サギリ以上のキャラならば多少は余裕があるのでJIミスをしても平気なように
パワーを図ることも可能です。
ただ、オンに成功したとしてもイーグルはかなり難しいホール…
キャサリンやアンジェラでもドライバーショットが基本となってくるであろうことから
その難しさは大きくは変わりません。
風向きが向かっているときはミュウは無理をせずに2オン狙いで。


【16番ホール】


バーディ難易度
平均打数2.38打ワーストスコア

特に大きな特徴のないパー3…
難易度もそれほど高くありませんが、打ち上げのため、
多少番手を上げる必要があります。
ここで使用している4人は問題ありませんが、途中に少し高さのある柱があるので、
非力でクラブの番手を上げざるを得ないユメリやスピンが弱く、低弾道なジャンなどは
これには警戒が必要かもしれません(゜-゜)


【17番ホール】


バーディ難易度
平均打数3.72打ワーストスコア

距離が長めなパー4…
バンカーやラフが点在しているため、的確なコントロールが要求されるホールです。
グリーン上もピン位置を境に左右に分かれるように傾いていてカップインしないと
悲劇にもなりえる構造をしています。
ピン位置も端の方になる可能性が高く、強風が吹き荒れているとバーディの
大きな障害となって立ちはだかります。



手前は崖になっているのでロングショットは危険…
バーディ狙いならば1打目を飛ばせるだけ飛ばして2打目の番手をできるだけ
下げておいた方がいいでしょう。
また、インパクトミスは深刻な事態を招くことも…
ゴールデンデザート最後の砦とも言える存在のホール…


【18番ホール】


アンダーパーオン
可能なキャラ

イーグル難易度
平均打数3.94打ワーストスコア

レギュラーティでもトータル距離600Yを超える長い長いロングホール。
元々それなりに飛ばせるキャラを意識して作られたホールと思われるため、
距離もかなり長めにできてます。
当初、非力でも狙うための2オン狙いの狭いフェアウェイがありましたが、
今ではあまり有効性を感じないルート…



理由はこのルートはロックでキックして加速する可能性があり、フェアウェイで
止めるのがやや難しいこと。
無風ならまだいいのですが、実際は無風などということは滅多になく、
強風が吹いていることも珍しくないため、ランの延びを正確に把握するのが難しく、
フェアウェイで止まらずにバンカーまで転がってってしまうことも普通にあります。
こうなると2オンはかなり厳しくなってしまうので、あまりよろしくないと…(^^ゞ



…ということで、今のマイキャラでは通常ルートから攻めるように戦略を変更。
ミュウをはじめ、キャサリンまでは上の写真の場所をターゲットにショット!
アンジェラの場合にはY字のようになった真ん中の岩場に狙いを定め、バウンドさせて
その先にあるフェアウェイを狙います。
ショット時はトップスピンをかけてショットします。
実際はこれでも結構ランは延びるので2オンは十分に狙えるポイントまで届きます。



通常ルートの場合、チャレンジャールートと違い、邪魔になる木などが立ちふさがらない
ことが多いのでダイレクトにピンそばを狙えることが多く、インパクトミスなどの
つまらない失敗をしない限りはピンそばをキープするのもそれほど難しくありません^^


さて、リサーチ結果が出揃ったところで今回も目標を設定!
当初、「−22くらいならミュウでも十分届くだろう」と高をくくっていましたが、
実際はそんなに甘いものではありませんでした。
あくまでリサーチは理想値であり、パットは必ず1発で沈めることが前提と
なっています。
また、風の読み違いや球ぶれ、インパクトミスも考慮していません。
ピンクエリアで止められたにしてもバーディのためにはJIすることが前提となっている
ホールがいくつかあります。
目標にまるで届かない成績の連発だったのです(^_^;)

理論上可能なスコア−24−25−25−26
目標レベル−20−21−22−22

…ということで、目標は上のように設定。
自己ベストから判断するとOUTは比較的易しめですが、INはかなり難関ぞろい…
実際にプレイしてもOUTは−11まで出ていますが、INは依然として−9のまま。
その自己ベストをまずはミュウで出来る目標として設定しました。
あとのキャラはINでそれから1つ、2つとスコアが上がることを基準に
設定しています。
また、当初のベストが−15であったことから−16→−18→−20とレベルアップ
方式で目標を定めました。



…トータルで20ラウンド近くやりました(^_^;)
しかし、一定のスコアまでは伸びるもののその先がどうしても伸びない…
理由は簡単。パットミスとインパクトミスが一定数あるからです。
結果、バンカーに落ちたりパットを外したりでバーディ(またはイーグル)を逃して
しまっていました。


↑ 平均的なプレイ結果。イーグルも多少決めているもののスコアがイマイチ安定しない…

集中力を最高の状態で保ち続けるのはかなり難しいことなのかもしれません。
また、コントロールも飛距離のために下げているので運にも多少左右されている
可能性もあるかもしれません(-_-;)
オリーブコーストまでと比べると明らかに風が強く吹くようになっているため、
的確に落とすということが難しくなっています。
距離もだいぶ長くなったので、特にパー5でロングショットが必須となり、
JI率が物を言うようになっています。



結局、ベストだったのは目標ラインに一歩及ばずの−19が2回出ただけでした。
今回はここで挫折…
…難しかったです。またいずれ挑戦してみることにします。
今回はそんなベストの時の様子を掲載してみます(^^ゞ



まずは1番、2番を無事にバーディでホールアウト。
3番ホールでは1オンを逃しますが、グリーン手前18Yのフェアウェイに落ちます。
ここからのミドルアプローチの読みが当たり、チップイン!
イーグルでホールアウトします。
続く4番も2オンに難なく成功し、イーグルを決めて−6に。



さらに8番ホールでもセカンドショットはピンそばをキープ!
無事イーグルを決めて−11に。
9番ホールではバーディを逃してしまい、OUTでの−12はならず。



13番でもバーディを逃したことでやや目標のスコアが怪しくなってきます。
しかし、狙いたかった15番ホールは風向きがアゲンスト。
1オン狙いはあきらめて2オン狙いでバーディ。



何とか17番、18番を最低バーディ・バーディで回りたいところ…
しかし、それをあざ笑うかの如く強風がアプローチを難しくします。
かなり風上を狙いますが、風の影響はそれ以上に強かったようで下り傾斜を伝い
バンカーへ…まずはバーディを逃します。
イーグルしかなくなってしまった最終ホール…
ティーショットは問題なく行けますが、肝心のセカンドで早まりすぎの「!」(通称うさ)を
出してしまい、グリーンを大きく外れてラフの中へ。
結局最終ホールも落としてバーディ。
−19止まりとなってしまいました。



…結局、失敗に終わったことでチョット気分転換…
キャラをサギリに変えてやってみます。
ところが、これでまさかの記録更新(笑)
成功を予想してたわけではありません(^^ゞ



ミュウであれほどやったにもかかわらずダメだったものが1発で成功して
しまいました^^;
気持ちの問題なんでしょうかね…(^^ゞ
3ラウンドやってみましたが、うち2ラウンドが−20という好スコアで
上がっています。
ちなみに、サギリの目標スコアは−21(笑)
…でも、それを狙うとまたミュウのときと同じ苦難を味わうのかな〜(*_*)
…なんてことを考えつつ、今回の記録更新日記は終了。



≪最初へ

<前へ

タイトルへ

次へ>

最後へ≫